コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐野利器 さのとしかた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

佐野利器
さのとしかた

[生]1880.4.11. 山形
[没]1956.12.5. 東京
建築構造学者。 1903年東京大学建築学科卒業。大学院を経て同大講師,助教授となり,17年教授。建築構造学の基礎を確立し,丸善書店 (1909) で耐震設計の実践を行うとともに,学位論文「家屋耐震構造論」 (15) で「震度」の概念を提出した。 29年には定年を待たずに退官し,日本大学教授,清水組副社長などをつとめた。その活動は耐震構造研究,設計から都市計画,関東大震災復興事業,住宅改良運動にまで及んだ。 50年日本学士院会員。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

さの‐としかた【佐野利器】

[1880~1956]建築学者。山形の生まれ。耐震構造理論を体系化し、建築構造学の基礎を築いた。日本最初の鉄骨構造建築の日本橋丸善書店を設計。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐野利器 さの-としかた

1880-1956 明治-昭和時代の建築構造学者。
明治13年4月11日生まれ。大正7年東京帝大教授となる。関東大震災後,復興院建築局長,東京市建築局長をかねた。のち日大教授,清水組副社長などをつとめた。作品に日本最初の鉄骨構造建築である東京日本橋の丸善書店。昭和31年12月5日死去。76歳。山形県出身。東京帝大卒。旧姓山口著作に「家屋耐震構造論」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

さのとしかた【佐野利器】

1880‐1956(明治13‐昭和31)
建築構造学者。山形県出身。1903年東京帝国大学建築学科を卒業。18年同校教授。《家屋耐震構造論》(1914)で複雑な地震力について〈震度〉の概念を導入し,耐震構造学の基礎を築いた。また日本建築の進路について日本の特殊性にもとづいた合理性,実利性の徹底を主張して建築理解の深化を促すとともに,建築界の視野を装飾から住宅問題,都市問題へと拡大した。実作に鉄骨煉瓦造りの日本橋丸善(1909)がある。【丸山 茂】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

さのとしかた【佐野利器】

1880~1956) 建築構造学者。山形県生まれ。東京帝大卒。鉄骨・鉄筋コンクリート構造学を研究、耐震構造学の基礎を築く。日本最初の鉄骨構造建築(丸善書店)の設計者。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

佐野利器
さのとしかた
(1880―1956)

建築家、耐震構造学の権威。明治13年4月11日、山形県西置賜(にしおきたま)郡荒砥(あらと)町(現、白鷹(しらたか)町)に生まれる。第二高等学校を経て1903年(明治36)東京帝国大学工科大学建築学科を卒業、鉄骨およびコンクリート構造学を研究した。さらに耐震構造学を開拓し、1915年(大正4)「家屋耐震構造論」を発表、同時に耐火・耐風などの防災建築研究を開始した。1918年東京帝国大学教授となり、1923年の関東大震災の帝都復興計画には復興院建築局長を兼任して参画、区画整理事業を指導した。日本建築学会会長も務めた。最初の鉄骨構造建築である東京・日本橋の丸善書店の設計(1909)のほか、広く教育界、行政界でも高い功績を残している。昭和31年12月5日没。[村松貞次郎・藤原恵洋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の佐野利器の言及

【柔構造】より

…剛構造rigid structureに対する用語で,1927年ごろから31年ごろにかけて,真島健三郎と佐野利器の間で交わされた柔・剛構造論争によって,建築家だけでなく一般社会の人々にもよく知られるようになった。真島は煉瓦や鉄筋コンクリートの壁体建築は大地震による巨大な力には耐えられず,鉄骨架構の柔軟性をもった建築だけが理論的に地震動に耐えられるものだと主張し,佐野は真島理論は複雑な地震現象を単純化しすぎていて非現実的であり,実務上は静的な設計震度(1924年から市街地建築物法に規定された)を用いて建物をできるだけ剛強に設計すべきだと主張した。…

【超高層建築】より


【日本の超高層建築】
 地震国である日本にとって,超高層建築が成立するためには,地震に対して建物が安全であるための理論的研究が必要であった。1900年代の初め,佐野利器,内田祥三,内藤多仲らによって始められた鉄骨鉄筋コンクリートの骨組みに,鉄筋コンクリートの耐震壁を配置するという耐震構造の研究は,1923年の関東大震災によって初めてその有効性が実証された。翌24年には,市街地建築物法の改正が行われ,地震時に建物に加わる地震力としての水平震度の規定が初めて設けられた。…

※「佐野利器」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

佐野利器の関連キーワード合理主義建築村松貞次郎内田祥三昭和時代武藤清柔構造佐野

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android