コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐野藩 さのはん

3件 の用語解説(佐野藩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

佐野藩
さのはん

江戸時代,下野国 (栃木県) 安蘇郡佐野地方を領有した藩。初め佐野氏が慶長 19 (1614) 年まで3万 9000石で在封,次いで貞享~元禄年間 (84~1704) に堀田氏が1万石で在封,その後再び天領となり,文政9 (1826) 年に堀田氏が1万 6000石で再封して廃藩置県にいたる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藩名・旧国名がわかる事典の解説

さのはん【佐野藩】

江戸時代下野(しもつけ)国安蘇(あそ)郡佐野(現、栃木県 佐野市)に藩庁をおいた、初め外様(とざま)藩、のち譜代(ふだい)藩。藩校は観光館。中世以来の豪族だった佐野氏は、房綱(ふさつな)のとき、1590年(天正(てんしょう)18)の豊臣秀吉(とよとみひでよし)による小田原征伐の戦功で、3万9000石を安堵(あんど)され立藩した。関ヶ原の戦いでは東軍に与して所領は保たれたが、1602年(慶長(けいちょう)7)に、関東屈指の堅城といわれた唐沢山(からさわやま)城の破却を命じられ、春日岡(かすがおか)城へと移った。家督は養子の信吉(のぶよし)に譲られたが、14年、信吉の実兄で宇和島藩主の富田信高(とみたのぶたか)の改易(かいえき)に連座して信吉も改易され、佐野藩は廃藩になった。一時天領となったが、84年(貞享(じょうきょう)1)に、大老古河藩主の堀田正俊(ほったまさとし)の3男正高(まさたか)に1万石が分与されて佐野藩が復活した。しかし堀田氏は98年(元禄11)に近江(おうみ)国堅田(かただ)に移封(いほう)され、また廃藩となった。再び天領となったが、1826年(文政9)に堀田正敦(まさあつ)が堅田藩から移封されて佐野藩が再興、以後堀田氏が明治維新まで存続した。領地は、下野国、上野(こうずけ)国、近江国の3国に分散し、計1万6000石だった。71年(明治4)の廃藩置県により、佐野県を経て栃木県に編入された。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

佐野藩
さのはん

下野(しもつけ)国佐野(栃木県佐野市)周辺に置かれた小藩。中世以来の豪族佐野氏は、豊臣(とよとみ)秀吉より本領安堵(あんど)されて立藩。1602年(慶長7)居城を唐沢山(からさわやま)城から佐野天明(てんみょう)町の春日岡(かすがおか)(春日)城に移した。その後、大坂冬の陣直前の1614年、藩主佐野信吉(のぶよし)は大久保忠隣(ただちか)失脚事件の最中、実兄冨田(とみた)信高(宇和島(うわじま)藩主)が坂崎直盛(なおもり)と争った事件に連座し3万9000石の領地を没収され廃藩となった。1684年(貞享1)大老であった古河(こが)藩主堀田正俊(ほったまさとし)の領地のうち三男正高に1万石が分けられ佐野藩が復活。1698年(元禄11)領地が近江(おうみ)国堅田(かたた)(滋賀県大津市)に移されて一時廃藩となったが、1826年(文政9)堀田氏がふたたび佐野に復帰した。領地は下野、上野(こうずけ)(群馬県)、近江3国に1万6000石が分散している。佐野町は彦根(ひこね)藩の領地のため、植野(うえの)村(佐野市植野町)に陣屋を置いた。明治になり佐野県を経て栃木県の管轄となった。[奥田謙一]
『『佐野市史』全7巻(1979・佐野市)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

佐野藩の関連キーワード下野市下野下野・繍線菊・繡線菊下野草下毛野穂咲下野しもつけ下野新聞伊能下野下野屋十兵衛

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone