コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

何ぞ ナゾ

6件 の用語解説(何ぞの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

な‐ぞ【何ぞ】

《「なにぞ」の音変化》
[副]《古くは「なそ」》どうして。なぜ。
「―かう暑きにこの格子はおろされたる」〈・空蝉〉
[連語]
何であるか。なにごとか。
「こは―。あなもの狂ほしの物怖ぢや」〈・夕顔〉
なんという。どんな。
「―の犬のかく久しう鳴くにかあらむ」〈・九〉

なに‐ぞ【何ぞ】

[連語]なんぞ」に同じ。
「草の上におきたりける露を、かれは―、となむ男に問ひける」〈伊勢・六〉
[副]なんぞ」に同じ。
「かへる山―はありてあるかひは来てもとまらぬ名にこそありけれ」〈古今・離別〉

なん‐ぞ【何ぞ】

[連語]
《代名詞「なに」に副助詞「ぞ」の付いた「なにぞ」の音変化》
㋐漠然と物事をさす。なにか。「何ぞおもしろいことはないか」「何ぞ用でもあるのか」
㋑(下に助詞「の」を伴って)どんな。どういう。
「汝は―の人ぞ」〈宇津保・俊蔭〉
《代名詞「なに」に係助詞「ぞ」の付いた「なにぞ」の音変化》どういうものか。何物か。何事か。なにか。「人生とは何ぞや」
「上たち聞きつけさせ給ひて、―と問はせ給ふ」〈宇津保・楼上下〉
[副]
なぜ。どうして。
「―今一人はゐて来たらぬぞ」〈今昔・七・四六〉
反語の意を表す。どうして…か、いや、そうではない。
「この経―必ず法華経の序たるべき」〈今昔・七・一三〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

なぞ【何ぞ】

〔「なにぞ(何)」の転、または、「なん」の撥音の表記されない形。古くは「なそ」〕
( 副 )
疑問の意を表す。なぜ。どうして。 「 -鹿のわび鳴きすなる/万葉集 2154」 「 -、汗衫かざみは長といへかし/枕草子 134
反語の意を表す。どうして…であろうか。 「君なくは-身装はむ/万葉集 1777
( 連語 )
何であるか。どういうことであるか。 「その言はむ人を知るは-/蜻蛉

なにぞ【何ぞ】

( 連語 )
〔代名詞「なに」に助詞「ぞ」の付いたもの〕 どのようなものか。何か。なんぞ。 「白玉か-と人の問ひし時露と答へて消えなまし物を/伊勢 6
〔副詞「なに」に助詞「ぞ」のついたもの〕 なぜ。どうして。なんぞ。 「多摩川にさらす手作りさらさらに-この児のここだかなしき/万葉集 3373

なんぞ【何ぞ】

〔「なにぞ(何)」の転〕
[1] ( 副 )
(反語に用いて)どうして。どういうわけで。なんで。 「 -私が知ろう」 「神明納受し給はば、所願-成就せざらん/平家 2
任意の物事をさす。なんか。 「 -勝負をして勝ち負けによつて勝つたかたへ貸さう/狂言・伯養」
( 連語 )
どのようなものか。なにか。 「人間とは-や」
不定の物事をさし示す。なにか。 「 -おいしいものはないか」
(「…かなんぞ」「…やなんぞ」の形で)不特定のものを表し、漠然というときに用いる。なんか。 「昔の日記か-を見ればわかるのではないか」 「そんな証明書や-持ってきてもだめだよ」
どのくらいか。いくらか。 「『舟ちんは-』『さつまのかみぢや』/狂言・薩摩守」
[句項目]

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

何ぞの関連キーワード疑問代名詞さえにすらに何しかなんかなんぞ何でものみか何は程に

何ぞの関連情報