コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

保内郷 ほないごう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

保内郷
ほないごう

奥久慈ともいう。茨城県北西部,久慈川の上流部一帯を含む地域。北は福島県境,西は八溝山地,東は久慈山地で限られる。中央に大子 (だいご) 盆地があり,大子町中心地奥久慈県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

保内郷
ほないごう

茨城県北西部、久慈(くじ)郡大子(だいご)町の地域をいう。中世に依上保(よりかみのほ)といわれたので、その全域を近世に保内郷と称した。陸奥(むつ)国白河郡に属し、南北朝時代、後醍醐(ごだいご)天皇より陸奥鎮守府将軍北畠親房(きたばたけちかふさ)に与えられた所である。結城(ゆうき)氏、佐竹氏の支配を経て太閤(たいこう)検地で常陸国(ひたちのくに)久慈郡に編入された。久慈川上流で小盆地が開け、古くから砂金の産が多く、関東と陸奥の通路にあたり、古来の要地であった。1955年(昭和30)保内郷の1町8村(うち1村は一部)が合併して現在の大子町が成立した。[櫻井明俊]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の保内郷の言及

【八幡浜[市]】より

…当市域を中心とする一帯は平安時代末期,池大納言平頼盛の所領矢野保(矢野領)の地で,南北朝期には摂津氏の支配下にあった。中世から近世にかけて矢野保内(やのほない),保内郷の称も生じ,八幡浜湾に注ぐ五反田川下流の矢野町は,近世,宇和島藩の在郷町であった。矢野町の北にある八幡浜は漁村であったが,江戸時代後期から港が整備され,幕末に藩の御用商人によって,大坂,長崎との航路が開かれ,明治~大正期には〈伊予の大阪〉といわれるほど商業で栄えた。…

※「保内郷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

保内郷の関連キーワード八幡浜(市)八幡浜[市]境ノ明神峠大子(町)奥久慈保内