保土ヶ谷(読み)ほどがや

百科事典マイペディアの解説

保土ヶ谷【ほどがや】

武蔵国橘樹(たちばな)郡内,現神奈川横浜市保土ヶ谷区南部にあった東海道宿駅。鎌倉時代初期には伊勢神宮内宮領榛谷(はんがや)御厨に含まれた。《小田原衆所領役帳》には保土ヶ谷の地名がみえる。1601年東海道の宿駅に定められ,藤沢宿と神奈川宿間の伝馬を負担した。当初保土ヶ谷町のみで継立を行ったが,元禄期(1688−1704)までに岩間町・神戸(ごうど)町・帷子(かたびら)町が加わり,4町で保土ヶ谷宿を構成した。《宿村大概帳》によれば,東の神奈川宿までの距離は1里9町,西の戸塚宿までは2里9町。本陣・脇本陣は保土ヶ谷町,問屋場は神戸町にあった。天保期(1830−1844)の旅籠屋数は69軒で,うち49軒が飯盛女2名を抱えていた。助郷村は1668年には定助郷13村,1689年には定助郷10村・大助郷27村,1725年には助郷39村・助郷高1万727石となっている。西方境木(さかいぎ)の立場茶屋の牡丹餅は名物とされた。1872年の伝馬所廃止により宿駅としての機能は失われた。1889年旧保土ヶ谷宿を中心にして保土ヶ谷町が成立。1927年横浜市に編入,同年保土ヶ谷区が成立した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほどがや【保土ヶ谷】

武蔵国橘樹(たちばな)郡(現,横浜市保土ヶ谷区)の東海道の宿駅。古くは伊勢内宮領榛谷御厨(はんがやのみくりや)があったといわれる。戦国時代には保土ヶ谷の地名があった。1601年(慶長6)人馬を常備する御伝馬次の宿場となった。はじめは保土ヶ谷町のみであったが,元禄期(1688‐1704)までには岩間町,神戸(ごうど)町,帷子(かたびら)町が保土ヶ谷町と合体して宿場の体裁が整った。1695年の家数は4町あわせて284軒,その後増加し,幕末の1858年(安政5)では670軒となっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android