コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

傾城物 ケイセイモノ

2件 の用語解説(傾城物の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

けいせい‐もの【傾城物】

歌舞伎の脚本で、名題のあたまに「傾城」「けいせい」などの語を用いたもの。上方狂言に多い。
歌舞伎舞踊の一系統。傾城を題材にしたもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

けいせいもの【傾城物】

歌舞伎舞踊の一系統。〈傾城〉と呼ばれた高級な遊女を題材にしたもの。廓を多く題材とした元禄歌舞伎の傾城事の流れをくむが,所作事が発生したといわれる貞享年間(1684‐88)にすでに傾城を扱った所作事がある。傾城物はほとんどが長唄で,変化物の一つとして踊られたものが多い。1755年(宝暦5)9月江戸市村座初演の《門出京人形(かどいできようにんぎよう)》で中村粂太郎が踊った《傾城》(《道行》),62年4月江戸市村座初演の《柳雛諸鳥囀(やなぎにひなしよちようのさえずり)》で初世瀬川菊之丞が踊った《新傾城》,71年(明和8)9月江戸森田座初演の七変化《菊八重七人化粧(きくはやえしちにんげしよう)》で初世中村富十郎が踊った《約束の傾城》,1811年(文化8)3月江戸中村座初演の七変化《遅桜手爾葉七字(おそざくらてにはのななもじ)》で3世中村歌右衛門が踊った《仮初(かりそめ)の傾城》,13年3月中村座初演の十二変化《四季詠寄三大字(しきのながめよせてみつだい)》に3世坂東三津五郎が踊った《門(かど)傾城》,14年2月森田座初演の四変化《拙業再張交(へたざいくにどのはりまぜ)》で7世市川団十郎が踊った《後朝(きぬぎぬ)の傾城》,16年3月中村座初演の九変化《其九絵彩四季桜(そのここのえさいしきざくら)》で3世中村歌右衛門が踊った《天下る傾城》,18年(文政1)3月江戸都座初演の七変化《深山桜及兼樹振(みやまのはなとどかぬえだぶり)》で3世尾上菊五郎が踊った《闇の夜の傾城》,24年9月市村座初演の三変化《復新三組盞(またあたらしくみつさかずき)》で3世坂東三津五郎が踊った《初雁傾城》,28年3月中村座初演の七変化《拙筆力七以呂波(にじりがきななついろは)》で中村芝翫(4世歌右衛門)が踊った《恋傾城》(《芝翫傾城》),40年(天保11)3月市村座初演の12ヵ月の所作《花十二月所作(はなきようだいねんじゆうぎようじ)》で4世中村歌右衛門が踊った《八月傾城》(《秋傾城》),54年(安政1)3月江戸河原崎座初演の七変化《寄三升花四季画(よせてみますはなのにしきえ)》で4世市川小団次が踊った《小団次の傾城》などがあり,歌詞の一部を取って通称としたものが多く見られる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

傾城物の関連キーワード浅間物歌舞伎舞踊石橋物道成寺物変化物山姥物丹前物歌舞伎狂言道行き物所作立て

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone