コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

働事 はたらきごと

世界大百科事典 第2版の解説

はたらきごと【働事】

能・狂言の用語。囃子と所作からなる囃子事小段のうち,演者(立役(たちやく),立方(たちかた))が舞台上で表現する所作に,ある程度表意的な要素が含まれるものを働事という。能の働事には,笛(能管),小鼓,大鼓で奏する〈カケリ(翔)〉〈イロエ〉〈切(きり)組ミ〉と,太鼓の入る〈舞働(まいばたらき)〉〈打合働(うちあいばたらき)〉〈イノリ〉,両様の〈立回リ〉の7種がある。〈カケリ〉は武士の霊や狂女などが興奮状態を示すもので,《俊成忠度(しゆんぜいただのり)》《浮舟》《隅田川》《蟬丸(せみまる)》などに用いられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

働事の関連キーワードパーキンズ(Frances Perkins)法制審議会新時代の刑事司法制度特別部会国際司法裁判所特別裁判部フランシス パーキンズヘイマーケット事件レオン ジュオールイス サイヤン証拠改ざん事件G. ナンダ可罰的違法性森長 英三郎日本労働協会公訴権濫用論森長英三郎寺本 広作限定正社員館野 守男永岡 光治地方事務官矢次 一夫

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

働事の関連情報