コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光岳 テカリダケ

百科事典マイペディアの解説

光岳【てかりだけ】

長野県,静岡県の境,赤石山脈の南端にある山。標高2592m。日本で標高2500m以上の山としては最南端にあり,ハイマツの南限に当たる。山頂の西には光岩(てかりいわ)とよばれる石灰岩岩峰があり,山名の由来にもなっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

てかりだけ【光岳】

赤石山脈最南部,長野・静岡県境に位置する山。標高2591m。山名は,頂上の西方にある二つの巨岩が夕日に光るのが,山麓から見えるからだとされる。日本で標高2500mを超える山としては最南端にあって,ハイマツの南限に当たっている。展望は,針葉樹に囲まれているので,あまりよくない。光岳と東のイザルガ岳(2540m)との間は,標高2500~2550mの広く平たんな浸食小起伏面で,センジガ原(静高平)と呼ばれている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔静岡県(長野県)〕光岳(てかりだけ)


静岡・長野県境、赤石(あかいし)山脈(南アルプス)南部に位置する山。標高2591m。深田久弥(ふかだきゅうや)「日本百名山」の一つ。山頂近くは高山植物の草原やお花畑が広がり、ハイマツ帯は日本の南限。東麓(とうろく)は大井(おおい)川上流部で畑薙(はたなぎ)湖がある。南アルプス国立公園の最南端に位置する。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

光岳
てかりだけ

静岡県榛原(はいばら)郡川根本(かわねほん)町と長野県飯田(いいだ)市との境界にある赤石(あかいし)山脈南部の山。標高2592メートル。三隅(みすみ)岳ともよばれる。南アルプス国立公園内にあり、山稜(さんりょう)部は平坦(へいたん)面が広く、草原状のお花畑、二重山稜とよぶ高山地形など特異である。山頂南西部側の寸又(すまた)川源流部は原生自然環境保全地域に指定されている。山頂直下にある光岩周辺のハイマツ群落はその南限といわれる。登頂の最短コースは、飯田市下栗から易老(えきろう)渡、易老岳を経るもので、片道8時間。[北川光雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

光岳の関連キーワード伝通院(徳川家康の生母)百名山(日本百名山)宮城県大崎市古川宮沢長野県小諸市荒町川根本(町)南アルプス日本百名山深田久弥無量寺小諸城伝通院

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android