コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

免判(読み)めんぱん

世界大百科事典 第2版の解説

めんぱん【免判】

平安中・後期,荘園の官物(かんもつ)・雑役(ぞうやく)の免除,国使不入などの特権を認めた国司の証判のこと。免除国判,国司免判ともいう。荘園制の展開にともなって,10世紀から11世紀にかけて,荘園領主は国司に官物免除などの申請を行う。これには解(げ)形式もみられるが,多くは〈某寺牒 当国衙〉というような牒が用いられる。それに対して守または大介が,提出された牒・解の奥に〈判……〉として,申請を認める旨の文言を書き,署判をして国印を押す。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の免判の言及

【証判】より

…10世紀以降の荘園制の成立発展期には,荘園領主や在地の百姓などが,官物・雑役の免除を求める申請を行うが,国司はそれを認める旨の証判を加えて返却する。これは免除国判といわれ,免判とも称された。鎌倉時代の御家人の所領の譲与は,幕府の承認を必要としたから,はじめは下文(くだしぶみ)あるいは下知(げち)状で行われていた。…

※「免判」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android