コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八文字自笑(初代) はちもんじ・じしょう

1件 の用語解説(八文字自笑(初代)の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

八文字自笑(初代)

没年:延享2.11.11(1745.12.3)
生年:生年不詳
江戸時代の書肆,浮世草子作者。安藤氏。通称は八文字屋八左衛門八文字屋は慶安(1648~52)ごろ,京都で古浄瑠璃の正本屋として開業。その2代目(3代目とも)が初代自笑である。自笑は元禄(1688~1704)初めに家業を継いだと思われるが,間もなく始めた絵入狂言本の刊行により家業を大いに伸展させ,他店をリードするに至る。浄瑠璃を執筆していた江島其磧に依頼して,元禄12(1699)年に役者評判記役者口三味線』を出版。これが当たって,その様式は明治に至るまで評判記の定型となり,八文字屋は役者評判記を金看板として長く出版し続けた。また,2年後にはその成功に乗じて其磧に浮世草子を執筆させ,『けいせい色三味線』を刊行。其磧が無署名で著述するため,宝永5,6(1708,09)年ごろからは,其磧の著作に「八文字自笑」と,作者として署名するようになる。同7年に其磧が書肆江島屋を開業するころから其磧と確執を生じ,其磧はこれまでの作品は自作であると主張。一方,八文字屋では代わりの代作者未練などを得て争うが,享保4(1719)年には其磧と連名で和解を宣言。以後の作品には連名で作者を名乗った。元文1(1736)年に其磧が没したのちは,多田南嶺を代作者に迎えている。自笑は作者としてどの程度かかわったかは疑問だが,その商才で浮世草子に「八文字屋本」時代を築いた。

(樫澤葉子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

八文字自笑(初代)の関連キーワード浮世草子月尋堂西沢一風八文字屋自笑石川流宣西村市郎右衛門八文字屋自笑(初代)八文字屋瑞笑本多月楽山の八

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone