八溝山(読み)やみぞさん

日本の地名がわかる事典の解説

〔茨城県(福島県・栃木県)〕八溝山(やみぞさん)


茨城・福島・栃木3県境を占める八溝山地の主峰。標高1022mの山頂は福島・茨城県境に位置する。山頂には八溝嶺(やみぞみね)神社が鎮座し、林道が通じる。山腹の各所にシャクナゲ群落がみられる。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

八溝山
やみぞさん

茨城県北西部、久慈(くじ)郡大子町(だいごまち)にあり、福島、栃木と3県にまたがる。久慈川と那珂(なか)川支流の源流地である。八溝山地の主峰で、標高1022メートルの山頂は高原状で、茨城・福島両県境をなし、茨城県の最高峰。八方に谷を刻む地形により名づけられた。地質は砂岩、頁岩(けつがん)を主とする中生層。ブナ、ダケカンバの温帯落葉広葉樹の自然林が残り、北限(ツガ)、南限(オヤリハグマ)とする植生もある。ヤマネ、ムササビが生息し、ムカシトンボも多い。スギ、ヒノキの植林が進み、林業が主で、渓谷ではワサビ栽培もある。頂上に八溝嶺(やみぞみね)神社と展望台、中腹に日輪(にちりん)寺があり、茨城、福島両県の奥久慈県立自然公園をなす。[櫻井明俊]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の八溝山の言及

【八溝山地】より

…福島県南部から茨城・栃木県境にかけて連なる山地。最高峰で3県にまたがる八溝山(1022m)から南へ,鷲子(とりのこ)山(445m),鶏足(けいそく)山(431m)などを経て筑波山(876m)に至る。古生代の砂岩やケツ岩,石灰岩などからなり,ところどころに花コウ岩が貫入している。…

※「八溝山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android