コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八郷[町] やさと

百科事典マイペディアの解説

八郷[町]【やさと】

茨城県中部,新治(にいはり)郡の旧町。筑波山地に囲まれた柿岡盆地一帯を占める。中心の柿岡は城下町として発達。カキ,ナシ,ミカン,ブドウなどの果樹栽培が盛ん。シイタケ,シメジも産する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やさと【八郷[町]】

茨城県中央部,新治(にいはり)郡の町。人口3万0684(1995)。筑波山地に囲まれた柿岡盆地に位置し,中央を恋瀬川が南流する。中心集落の柿岡は江戸時代に恋瀬川水運の最北の河岸が置かれ,山根地方の物資の集散地としてにぎわった。古くから畑作を中心とする農業が営まれ,現在も養豚などの畜産,梨,栗,柿などの果樹栽培が盛んである。またミカンの商業的栽培の北限といわれる。自然休養村事業や筑波パープルラインの開通(1974)とあいまって観光農業の振興も図られている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報