傔仗(読み)ケンジョウ

世界大百科事典 第2版の解説

けんじょう【傔仗】

律令制下に辺要など重要地域の地方長官などを兵器を帯びて護衛した下級職員。その処遇史生(ししよう)に準じ,式部省の権限で給された。給される職種や人数は時代により異なるが,708年(和銅1)に大宰帥に8人,大弐・尾張守に4人,三関国国守に2人が初めて給され,ついで近江守にも2人が給された。陸奥守に給されたのもこのころか。731年(天平3)には,臨時に置かれた大惣管・副惣管にも給され,のち出羽守,陸奥出羽按察使(あぜち),鎮守将軍にも給された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

けん‐じょう ‥ヂャウ【傔仗】

〘名〙 奈良時代、辺境の国、あるいは軍事的要地に赴任した官人に朝廷から給された警衛の官。総管、節度使、按察使(あぜち)、鎮守府将軍、大宰帥、大弐、三関国国守、陸奥出羽国守などに与えられた。
※続日本紀‐和銅元年(708)三月乙卯「勅。大宰府帥大弐。并三関及尾張守等。始給傔仗、其員」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android