コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六味丸 ロクミガン

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

ろくみがん【六味丸】

漢方薬の一つ。生薬(しょうやく)地黄(じおう)山茱萸(さんしゅゆ)山薬(さんやく)茯苓(ぶくりょう)沢瀉(たくしゃ)牡丹皮(ぼたんぴ)などを含む。一般に「六味地黄丸」ともよばれる。宋(そう)代の医学書『小児薬証直訣(しょうにやくしょうちょっけつ)』などに処方が示されている。排尿困難頻尿(ひんにょう)むくみ、かゆみなどに用い、尿の回数が多い、尿量が少ない、のぼせ、疲れやすいといった症状をともなうとき、とくに有効とされる。比較的体力の低下している人がおもな対象。

出典|講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ろくみがん【六味丸】

江戸時代の売薬の名。六種の薬草を練って作った強壮丸薬。六味地黄丸じおうがん

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

六味丸の関連キーワード六味地黄丸江戸時代熟地黄尿量売薬六味

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android