コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キョウ

デジタル大辞泉の解説

きょう【共】[漢字項目]

[音]キョウ(漢) [訓]とも
学習漢字]4年
〈キョウ〉
いっしょに。ともに。「共演共学共感共存共著共通共闘共同共有共和公共
共産主義共産党のこと。「反共防共容共
〈とも(ども)〉「共共共寝身共諸共(もろとも)
[名のり]たか

ぐち【共】

[接尾]《近世上方語》名詞に付いて、…とともに、…ごと、などの意を表す。
「台子(だいす)の湯もたぎってあろ。釜―そっと取ってこい」〈浄・手習鑑

とも【共】

同じであること。同一。「コートとのドレス」「の生地」
一緒。また、同時。「起居をにした仲」

㋐名詞の上に付いて、一対のものが同類である、また、同じ性質であるという意を表す。「働き」「切れ」「蓋(ぶた)」
㋑名詞の下に付いて、それが一緒に込められている意を表す。「送料一〇〇〇円」「付録五〇〇円」
㋒複数を表す名詞に付いて、それが全部同じ状態であることを表す。「二人学生だった」「男女若かった」→共に

ども【共】

[接尾]
一人称の代名詞、または自分の身内を表す名詞に付いて、謙譲の気持ちを表す。「私と致しましては」
人を表す名詞に付いて、複数であることを表す。「若い者が手伝いに来た」
人を表す名詞に付いて、相手への呼びかけに用いる。
「嫗―、いざたまへ」〈大和・一五六〉
達(たち)用法

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ごと【共】

( 接尾 )
名詞に付いて、そのものもいっしょにの意を表す。ぐるみ。 「財布-落とす」 「りんごを皮-食べる」

どち【共】

夫婦・親族・友人など、互いに親しい間柄の人たち。同士。仲間。 「千代の-とぞ思ふべらなる/土左」
名詞の下に付いて接尾語的に用い、互いに同類のもの、同じ仲間であることを表す。 「女-は、もの恐ろしかりぬべかりつる夜のさまなれば/源氏 野分

とも【共】

主となるものと同一あるいは同類のものであること。 「スーツと-のベルト」
名詞の上に付いて、
主となるものと同一である、または同類であるなどの意を表す。 「 -糸」 「 -襟」 「 -切れ」 「 -柄つか」 「鮎あゆの-和え」
一緒に…する、互いに…し合う、などの意を表す。 「 -稼ぎ」 「 -食い」 「 -住み」 「 -倒れ」 「 -寝」
複数のものを表す名詞の下に付いて、それらが全部同じ状態であることを表す。 「五人-合格」 「二人-猫好き」
従となるものを表す名詞の下に付いて、それが主となる部分に含まれていることを表す。 「荷造り料-千円」 「通用期間は発売日-七日」 → ともに(共)

ども【共】

( 接尾 )
名詞に付いて、そのものが二つ以上であることを表す。 「者-進め」 「犬-」 「こまごましたこと-」 〔人を表す場合、現代語では「たち」にくらべて敬意が低く、目下の者や見下した意味合いに用いられる。「野郎-」「若造-」〕
一人称の代名詞に付いて、謙譲の意を添える。 「わたくし-の責任です」 「てまえ-の店では扱っておりません」
人を表す名詞に付いて、相手への呼び掛けに用いる。 「嫗-、いざたまへ/大和 156

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

共の関連キーワードスナギンチャク(砂巾着)エチレン・プロピレンゴムアンキユーテクテイックマルティコリニアリティ共焦点レーザー顕微鏡コンフォーカル顕微鏡共焦点走査型顕微鏡辺地共同受信施設共親さくらんぼ餅ポリオレフィンあくちも切れぬレーデブライトカバナセット共融境界線共沸混合物共融混合物コポリマー共晶溶液三重共融共晶組織

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

共の関連情報