コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四円寺 しえんじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

四円寺
しえんじ

平安時代に皇室の御願寺として京都の仁和寺の近くに建てられ,名称に「円」の字をもつ寺のこと。円融寺円教寺円乗寺円宗寺

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しえんじ【四円寺】

平安時代に,現在の京都市右京区竜安寺の付近にあった四つの御願寺(ごがんじ)の総称。いずれも仁和寺(にんなじ)の子院で,天皇の後院(ごいん)として営まれた。仁和寺に深く帰依した円融天皇が983年(永観1)に御願寺とした円融寺をはじめとして,998年(長徳4)一条天皇御願の円教寺,後朱雀天皇の御願で,後冷泉天皇により1055年(天喜3)に完成した円乗寺,70年(延久2)後三条天皇御願の円宗寺(初め円明寺と称す)である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

四円寺
しえんじ

京都市右京区仁和寺(にんなじ)の近傍にあった円融寺(えんゆうじ)、円教寺(えんぎょうじ)、円乗寺(えんじょうじ)、円宗寺(えんしゅうじ)の「円」の字を冠した四つの寺の称。円融寺は円融院ともいい、983年(永観1)円融天皇により、円教寺は998年(長徳4)一条(いちじょう)天皇により建立され、1055年(天喜3)後朱雀(ごすざく)天皇のために円乗寺が営まれ、1070年(延久2)後三条(ごさんじょう)天皇の勅願により円明寺(えんみょうじ)が供養され、翌年円宗寺と改称された。いずれも仁和寺別当の下にあって勅願寺として建立されたもので、天皇の遺骨を安置して天皇、皇族の参詣(さんけい)供養を受けることなどが多く、堂塔も完備して法会も毎年盛大に行われた。とりわけ円宗寺の法華会(ほっけえ)、最勝会(さいしょうえ)は法勝寺の大乗会(だいじょうえ)とあわせて天台の三会(さんえ)とよばれて繁栄したが、仁和寺別当が円仁(えんにん)の門下から真言宗僧になるとともにしだいにその宗に帰し、中世以降仁和寺の興廃と命運をともにし、室町末期の応仁(おうにん)の乱に山名氏の兵火によってほとんど廃絶した。現在は円宗寺林などにその名を残すのみで、旧寺名を冠した廃寺址(し)が認められるにすぎない。四円寺の円融、円教、円乗、円宗(初め円明)はいずれも円満なる教法の意で、大乗なかんずく天台、華厳(けごん)などの教えをさすが、別当が空海門下になるにつれ真言密教をさしたと思われ、仏像、法会などは密教によって造顕、執行された。[若林隆光]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

四円寺の関連キーワード仁和寺宮守覚法親王円教寺(京都市)守覚法親王平安時代龍安寺

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android