コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

凍瘡(しもやけ) とうそうしもやけ Chilblain

翻訳|Chilblain

1件 の用語解説(凍瘡(しもやけ)の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

とうそうしもやけ【凍瘡(しもやけ) Chilblain】

[どんな病気か]
 寒冷にさらされることにより発生します。循環障害(じゅんかんしょうがい)のおこりやすい末梢部(まっしょうぶ)(指の先、耳たぶ、鼻の頭)が腫(は)れ、うっ血(けつ)(血流が滞る現象)、水疱(すいほう)(水ぶくれ)、びらん(ただれ)、潰瘍(かいよう)を生じます。かゆみもあり、暖まると増します。
[原因]
 遺伝(いでん)のほか、多汗(たかん)、副交感神経緊張症(ふくこうかんしんけいきんちょうしょう)などの体質に寒冷、湿気などの要因が加わり、局所が循環障害をおこすためです。
[治療]
 ビタミンE、循環ホルモンの外用や内服が行なわれます。
 予防のためには、保温、湿気防止、冷えた局所のマッサージがあります。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

凍瘡(しもやけ)の関連キーワード古代サラサ何心地野晒し不死身サラサ形サラサ紙サラサ革サラサ染寒冷ストレス

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone