コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

初冠 ういこうぶり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

初冠
ういこうぶり

日本古代に起った男子の成人儀礼で,元服の中心をなす儀式。官職位階によって区別されたを初めてつける礼。武家社会では冠の代り烏帽子 (えぼし) を用いた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

うい‐かぶり〔うひ‐〕【初冠】

ういこうぶり」に同じ。

うい‐かむり〔うひ‐〕【初冠】

ういこうぶり」に同じ。

うい‐こうぶり〔うひかうぶり〕【初冠】

元服して、初めて冠を着けること。ういかがふり。ういかぶり。ういかむり。ういこうむり。
「昔、男、―して」〈伊勢・一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ういかぶり【初冠】

ういかんむり【初冠】

ういこうぶり(初冠)」に同じ。
能で用いる巻纓けんえいまたは、垂纓すいえいの冠の小道具。高貴な人物に用いる。ういかむり。

ういこうぶり【初冠】

元服して初めて冠をつけること。初元結はつもとゆい。元服。ういかがふり。ういかぶり。ういかむり。 「むかし、をとこ、-して/伊勢 1

しょかん【初冠】

ういこうぶり」に同じ。 「あらいつくしの-や/幸若・烏帽子折」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の初冠の言及

【元服】より

…〈げんぷく〉ともいい〈元〉は首,〈服〉は着用する意。首服,首飾,冠礼,加冠,初冠(ういこうぶり∥ういかぶり),御冠(みこうぶり),冠ともいう。
[古代]
 冠礼としての成人式は,日本古代では682年(天武11)に規定された男子の結髪加冠の制以後,冠帽着用の風習が普及してからで,国史に見えるものとしては714年(和銅7)の聖武天皇(14歳で元服)の記事が初めとされる。…

【元服】より

…〈げんぷく〉ともいい〈元〉は首,〈服〉は着用する意。首服,首飾,冠礼,加冠,初冠(ういこうぶり∥ういかぶり),御冠(みこうぶり),冠ともいう。
[古代]
 冠礼としての成人式は,日本古代では682年(天武11)に規定された男子の結髪加冠の制以後,冠帽着用の風習が普及してからで,国史に見えるものとしては714年(和銅7)の聖武天皇(14歳で元服)の記事が初めとされる。…

※「初冠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

初冠の関連キーワード雪(snow)冠(こうぶり)『伊勢物語』加藤盤斎伊勢物語欅坂46森 無黄加藤磐斎烏帽子折烏帽子親初元結小道具石鎚山難波鉦初冠雪初雪立冬加冠

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

初冠の関連情報