コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

初冠 ういこうぶり

8件 の用語解説(初冠の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

初冠
ういこうぶり

日本古代に起った男子の成人儀礼で,元服の中心をなす儀式。官職位階によって区別された冠を初めてつける礼。武家社会では冠の代りに烏帽子 (えぼし) を用いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

うい‐かぶり〔うひ‐〕【初冠】

ういこうぶり」に同じ。

うい‐かむり〔うひ‐〕【初冠】

ういこうぶり」に同じ。

うい‐こうぶり〔うひかうぶり〕【初冠】

元服して、初めて冠を着けること。ういかがふり。ういかぶり。ういかむり。ういこうむり。
「昔、男、―して」〈伊勢・一〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ういかぶり【初冠】

ういかんむり【初冠】

ういこうぶり(初冠) 」に同じ。
能で用いる巻纓けんえいまたは、垂纓すいえいの冠の小道具。高貴な人物に用いる。ういかむり。

ういこうぶり【初冠】

元服して初めて冠をつけること。初元結はつもとゆい。元服。ういかがふり。ういかぶり。ういかむり。 「むかし、をとこ、-して/伊勢 1

しょかん【初冠】

ういこうぶり 」に同じ。 「あらいつくしの-や/幸若・烏帽子折」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の初冠の言及

【元服】より

…〈げんぷく〉ともいい〈元〉は首,〈服〉は着用する意。首服,首飾,冠礼,加冠,初冠(ういこうぶり∥ういかぶり),御冠(みこうぶり),冠ともいう。
[古代]
 冠礼としての成人式は,日本古代では682年(天武11)に規定された男子の結髪加冠の制以後,冠帽着用の風習が普及してからで,国史に見えるものとしては714年(和銅7)の聖武天皇(14歳で元服)の記事が初めとされる。…

【元服】より

…〈げんぷく〉ともいい〈元〉は首,〈服〉は着用する意。首服,首飾,冠礼,加冠,初冠(ういこうぶり∥ういかぶり),御冠(みこうぶり),冠ともいう。
[古代]
 冠礼としての成人式は,日本古代では682年(天武11)に規定された男子の結髪加冠の制以後,冠帽着用の風習が普及してからで,国史に見えるものとしては714年(和銅7)の聖武天皇(14歳で元服)の記事が初めとされる。…

※「初冠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

初冠の関連キーワード自然淘汰スキー八雲愛人松柏砂山チェリーなんか花菱ぶうぶう

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone

初冠の関連情報