コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

初節句(初節供) ハツセック

とっさの日本語便利帳の解説

初節句(初節供)

生児が初めて迎える節句の祝い。女児は三月の雛(ひな)祭り、男児は五月の端午節句を祝う。妻の実家や仲人、親戚などが人形や鯉幟(こいのぼり)、玩具等を贈る。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

初節句(初節供)の関連キーワード五島ばらもん出雲五色天神御初幟御祝御初雛御祝長崎の赤飯節句始め三次人形上総袖凧大内塗初節句初雛生児初幟

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android