コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

別源円旨 べつげんえんし

3件 の用語解説(別源円旨の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

別源円旨
べつげんえんし

[生]永仁2(1294).10. 越前
[没]貞治3(1364).10.10. 京都
鎌倉時代臨済宗の僧。幼少のとき出家。円覚寺東明慧日に師事したのち,求道のために諸国の寺を遊歴。越前弘祥寺の開山となり,足利義詮の招請によって建仁寺の住職となった。著書『南遊集』『東帰集』。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

別源円旨 べつげん-えんし

1294-1364 鎌倉-南北朝時代の僧。
永仁(えいにん)2年10月24日生まれ。曹洞(そうとう)宗。鎌倉円覚寺の東明慧日(とうみょう-えにち)にまなび,その法をつぐ。元応2年元(げん)(中国)にわたり,元徳2年帰国。故郷越前(えちぜん)(福井県)に弘祥(こうしょう)寺を創建,京都真如(しんにょ)寺などをへて,京都建仁(けんにん)寺の住持となる。五山文学者としても著名。貞治(じょうじ)3=正平(しょうへい)19年10月10日死去。71歳。俗姓は平(たいら)。別号に縦性。詩文集に「南遊集」「東帰集」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

別源円旨

没年:貞治3/正平19.10.10(1364.11.4)
生年:永仁2.10.24(1294.11.13)
鎌倉後期・南北朝時代曹洞宗の禅僧。別号は縦性。越前(福井県)の平氏(合志氏とも)の出身。幼くして出家し,鎌倉円覚寺の来日僧で中国曹洞宗宏智派の禅を伝える東明慧日に参じて曹洞宗旨を学んだ。元応2(1320)年に入元,古林清茂,雲外雲岫,中峰明本 らに参学し,元徳2(1330)年に帰国した。康永1/興国3(1342)年に朝倉広景の招きで越前足羽の弘祥寺を開き,また肥後(熊本県)寿勝寺にも住した。さらに京都の真如寺に移り,足利義詮 に請われて東山建仁寺に住した。在元中の『南遊集』と帰国後の『東帰集』の詩文集を残し,五山の詩僧としても名高い。<参考文献>玉村竹二『五山禅僧伝記集成』,『五山文学全集』1巻

(佐藤秀孝)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

別源円旨の関連キーワード釈鼇仙世尊寺伊俊紹瑾太源宗真徹通義介洞山良价大智玄翁心昭古源邵元古先印元

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone