コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加西[市] かさい

2件 の用語解説(加西[市]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

加西[市]【かさい】

兵庫県中南部の市。1967年市制。加古川の支流満願寺川流域を占め,旧町地区の加西,北条,泉などに市街が発達,北条鉄道,中国自動車道が通じる。播磨(はりま)平野穀倉地帯で,米,酒を多産,ブドウの栽培も盛ん。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かさい【加西[市]】

兵庫県中南部,播磨平野のほぼ中央に位置する市。1967年北条,加西,泉の3町が合体,市制。人口5万1706(1995)。市の中心は江戸時代から山陰,山陽を結ぶ交通の要地であった旧北条町で,JR加古川線の粟生から出る北条鉄道の終点である。江戸時代から播州白木綿の産地として知られたが,用水不足のため現在は東隣の西脇市に中心は移った。これに代わって第2次大戦時の疎開工場が戦後三洋電機となり,関連下請企業を含めると市内の工業出荷額の半分近くを占める。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

加西[市]の関連キーワード芦別岳寒川シロス島播磨平野位する中州福知山大和海嶺大洋中央海嶺十勝岳連峰

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone