コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勅祭社 ちょくさいしゃ

4件 の用語解説(勅祭社の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

勅祭社
ちょくさいしゃ

天皇が特に勅使をつかわし,その祭神に幣帛を奉る (これを勅祭という) 神社。平安時代末期以来の 22社などをいう。明治以後,賀茂別雷 (わけいかずち) 神社,賀茂御祖 (みおや) 神社,石清水八幡宮春日神社氷川神社熱田神宮出雲大社橿原神宮明治神宮朝鮮神宮鹿島神宮香取神宮近江神宮平安神宮靖国神社宇佐神宮,香椎宮の 17社が勅祭社とされた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ちょくさい‐しゃ【勅祭社】

天皇が例祭などに勅使を派遣し、奉幣を行った神社。古くは22社、明治時代には29社あったが、現在は、賀茂別雷神社賀茂御祖神社・石清水八幡宮・春日大社など16社となった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ちょくさいしゃ【勅祭社】

天皇が勅使を派遣して祭祀奉幣さいしほうへいを行わせる神社。平安末期以来の二二社など。特に、明治初年には二九社が制定されたが、その後は賀茂・石清水・春日・氷川・熱田など一六社となった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

勅祭社
ちょくさいしゃ

天皇がとくにその例祭などに定例的に勅使を差遣、奉幣される神社のこと。1868年(明治1)明治天皇は東京奠都(てんと)後、武蔵(むさし)国一宮(いちのみや)氷川(ひかわ)神社(さいたま市大宮区高鼻町)に行幸・親祭し、以後毎年勅使を差遣、奉幣の例をつくり、勅祭社の称が生じた。それより同年神祇(じんぎ)官勅祭社、神祇官直支配社、神祇官准(じゅん)勅祭社等の制も定められたが、71年官国幣社以下の社格制定とともに廃され、83年賀茂別雷(かもわけいかずち)・賀茂御祖(みおや)神社、石清水八幡宮(いわしみずはちまんぐう)などが改めて勅祭社とされた。その後増加して、現在、賀茂別雷神社、賀茂御祖神社、石清水八幡宮、春日(かすが)大社、氷川神社、熱田(あつた)神宮、出雲(いずも)大社、橿原(かしはら)神宮、平安神宮、明治神宮、近江(おうみ)神宮、靖国(やすくに)神社の毎年例祭日に、香取(かとり)神宮、鹿島(かしま)神宮の12年ごとの例祭日に、宇佐(うさ)神宮、香椎宮(かしいぐう)の10年ごとの伺定(しじょう)の日に勅使が参向、奉幣され、また香取神宮、鹿島神宮、宇佐神宮、香椎宮の毎年例祭日に奉幣されている。[鎌田純一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

勅祭社の関連キーワード神嘗祭伊勢例幣使一代一度の奉幣供進勅使使わしめ似付かわしい奉幣例幣川獺の祭

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

勅祭社の関連情報