勝浦[市](読み)かつうら

百科事典マイペディアの解説

勝浦[市]【かつうら】

千葉県南部,太平洋に面する市。1958年市制。大部分は山地で夷隅(いすみ)川が北流,海岸に外房線が通じる。中心の勝浦地区は漁師町,市場町として発達,マグロ,カツオなどの沖合漁業で銚子港に次ぐ県第2位の水揚げがあり水産加工も盛ん。朝市は近世以来の伝統をもつ。東廻海運の停泊地であった南部の興津は現在は海水浴場として知られる。海岸一帯は南房総国定公園に指定され,絶壁の続く〈おせんころがし〉,守谷洞穴,鵜原理想郷,海中公園などがある。東日本大震災で,市内において被害が発生。93.96km2。2万788人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かつうら【勝浦[市]】

千葉県南東部,太平洋に臨む市。1955年勝浦町,興津町,総野村,上野村が合体して勝浦町となり,58年市制。人口2万4328(1995)。戦国時代正木氏が勝浦湾東側の八幡岬に築いた勝浦城に拠って,今に続く朝市を開いた。江戸前期は植村氏が陣屋を築いて支配し,2代泰勝創建の覚翁寺に同氏代々の墓がある。外房線の通じる中心市街の勝浦はマグロ,カツオなど沖合漁業の水揚港で,魚市場,製氷工場,漁船修理場があり,県内外の漁船の出入りが多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android