国家理性(読み)コッカリセイ

デジタル大辞泉の解説

こっか‐りせい〔コクカ‐〕【国家理性】

国家の存在を至上のものとし、すべてのものが国家の維持・強化を図ることに従属するとした国家行動の基本法則・基準。ルネサンス期のイタリアの都市国家に生まれ、近代ヨーロッパに広まった。レーゾン‐デタ。国是

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

国家理性【こっかりせい】

フランス語レーゾン・デタの訳。国家理由とも。国家は自己目的的存在として国家の維持・強化のみを最高原理として行動するという観念。近代国家の成立期,特に絶対主義時代に,中世学的秩序に対抗するものとして国家主権樹立する必要から生まれた。のち国際政治における勢力均衡パワー・ポリティクスという概念の原理ともなった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こっかりせい【国家理性】

フランス語のレーゾン・デタraison d’État(イタリア語ではragione di Stato)の訳語。国家理由とも訳される。この言葉は16世紀のヨーロッパで初めて唱えられ,ある人はそれを〈支配権力を樹立,維持,拡大したりするのに適した手段の認識〉と規定し,他の人は全体の利益のために日常的な法や倫理を超える支配者の特権,さらには国家の基本原理や国制を守るための指針を指すとするなど,きわめて多義的であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こっか‐りせい コクカ‥【国家理性】

〘名〙 国家は他の理念、目的に仕えるものではなくてそれ自体の生存、強化を第一目的とする存在であると考え、そのために必要とされる行動の規範。中世の神の秩序を排し、近代国家を成就しようとした絶対主義が生みだしたもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

野球の用語

アウトサイド・コーナー outside corner 打者から見て本塁上の遠い側。外角。和製英語ではアウトコーナーともいう。アシスト assist打者が打った球を捕球後にある塁に送球し走者の刺殺を間接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android