コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勧工場 かんこうば

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

勧工場
かんこうば

日本独特の百貨商品陳列所。 1877年,上野公園に開設した第1回内国勧業博覧会で,閉会後出品者に売れ残りの品を返したが,出品者の希望によってその一部を残留陳列して販売することになり,翌年商工業の見本館が開設された。これが勧工場の始りで,開設場所には麹町辰ノ口の旧幕府伝奏屋敷の建物をあてた。 82年頃が最盛期で,東京市内 15区の各中心地をはじめ,大阪,名古屋,その他にも設けられた。現在の百貨店はしりともいえるが,営利を主眼とせず,産業の振興を目的とするきわめて独自の形式をもつものであった。ただ各地に出現するに及んで品質も低下し,明治末には旧来呉服店から脱皮しつつあった百貨店に取って代られ,関東大震災後,消滅した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かんこう‐ば〔クワンコウ‐〕【勧工場】

明治・大正時代、一つの建物の中に多くの店が入り、いろいろな商品を即売した所。デパート進出により衰えた。明治11年(1878)東京にできた第一勧工場が最初。勧商場

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

勧工場【かんこうば】

明治・大正時代,一つの建物の中に各種商店が連合して商品を陳列し正札販売した一種のマーケット。1877年の第1回内国勧業博覧会の残品処理のため東京麹町(こうじまち)区辰ノ口(現在の千代田区丸ノ内)にできた物品陳列所が最初で,のち各地に開設。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かんこうば【勧工場】

明治期の初めに登場して関東大震災のころまで普及した,商品の陳列・即売場。現在のデパートに近い役割を果たした。その始まりは,政府の殖産興業政策の方針にそって東京府が1878年1月,麴町(現,千代田区)辰の口に常設の商品陳列場として東京府勧工場を開設したことにある。その前年,東京上野公園で開催された第1回内国勧業博覧会に展示された出品物も,そこに移されて陳列された。当時の出品点数合計35万点,入場者合計5200人余りといわれる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かんこうば【勧工場】

明治・大正時代、多くの商店が一つの建物の中で種々の商品を陳列・販売した所。デパートの隆盛とともに衰退。勧商場。博品館。 「是こりや-で買つたのかい。大分精巧なものだね/虞美人草 漱石

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

勧工場
かんこうば

百貨店、マーケットの前身。第1回内国勧業博覧会の残品処分のため、1878年(明治11)1月、東京府が、丸の内に竜ノ口(たつのくち)勧工場を開場したときに始まる。日用雑貨、衣類などの良質商品が1か所で定価販売されたので人気を得た。82年ごろから主要都市に大小の勧工場(関西では勧商場)が乱立した。多くは民営で、複数商人への貸し店舗形式の連合商店街であった。1907年(明治40)以後には、品質低下や百貨店の進出により、経営不振に陥って衰退したが、正札の定価販売に実績を残した。[原島陽一]
『初田亨著『百貨店の誕生』(1993・三省堂) ▽鈴木英雄著『勧工場の研究――明治文化とのかかわり』(2001・創英社) ▽田中政治著『勧工場考』新訂版(2003・田中経営研究所)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

勧工場の関連キーワードかばん(鞄)殖産興業政策虞美人草初田亨

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

勧工場の関連情報