コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

包摂 ホウセツ

デジタル大辞泉の解説

ほう‐せつ〔ハウ‐〕【包摂】

[名](スル)
一定の範囲の中につつみ込むこと。
「知識はその中に―されている」〈倉田愛と認識との出発
論理学で、ある概念が、より一般的な概念につつみこまれること。特殊が普遍に従属する関係。例えば、動物という概念は生物という概念に包される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほうせつ【包摂】

( 名 ) スル
一つの事柄をより大きな範囲の事柄の中にとりこむこと。
〘論〙 〔subsumption〕 類概念に種概念が包括される関係、あるいは普遍に特殊が従属する関係。例えば、「哺乳類」という概念は「動物」という概念に包摂される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

包摂の関連キーワードソーシャルインクルージョンヨーロッパ安全保障協力機構ロズミーニ・セルバーティ障害がある子どもの学ぶ場フィリップ ロートマールサバルタン・スタディーズヨウ素デンプン反応非政府間国際機構需要・供給の法則メウレウィー教団チュービンゲンキリシタン禁制A. フィエアカルナニアランガージュヤンブリコス類と種と種差レンスター怒りの葡萄米沢新田藩

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

包摂の関連情報