コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

含む フクム

6件 の用語解説(含むの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ふく・む【含む】

[動マ五(四)]
かんだり、飲みこんだりせず、物を口の中に入れたままの状態を保つ。また、口でくわえる。「水を口に―・む」「マウスピースを―・む」
成分・内容としてうちに包みもつ。また、ある範囲の中に要素として入っている。包含する。「この温泉は硫黄分を―・んでいる」「予備費の―・まれた予算案」
思いや感情などを心の中におさめてもつ。「非難を―・んだ言い方」
事情をよく理解して心にとめておく。「その点を―・んでおいてください」
ある感情を表情や態度に表す。ようすを帯びる。「悲しみを―・んだ目つき」
中に包み持つような形になる。ふくらむ。
「指貫(さしぬき)の裾つかた、少し―・みて」〈・若菜上〉
[可能]ふくめる
[動マ下二]ふくめる」の文語形。

ふふ・む【含む】

[動マ四]
花や葉が芽やつぼみのままである。
「卯の花の咲く月立ちぬほととぎす来鳴きとよめよ―・みたりとも」〈・四〇六六〉

㋐口の中に入れて持つ。ふくむ。
「(玉ヲ)口に―・みて」〈・上〉
㋑内に包み持つ。
「鶏(とり)の子のごとくして、ほのかにして牙(きざし)を―・めり」〈神代紀・上〉

ほほ・む【含む】

[動マ四]花がつぼみのままでいる。ふふむ。〈新撰字鏡
[動マ下二]ふくむようにする。ふくめる。
「ほととぎす鳴かぬ嘆きの杜(もり)に来ていとども声を―・めつるかな」〈散木集・二〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ふくむ【含む】

( 動五[四] )
中に包みこんでもつ。 「水を口に-・む」 「花芬馥の気を-・み/平家 3
ある物がその成分・要素としてもつ。含有する。 「金を-・む鉱石」 「税・サービス料を-・んだ料金」 「とげを-・んだ言葉」
心の中にこめてもつ。 「憤リヲ-・ム/日葡」 「勅命を-・んで頻に征罰を企つ/平家 7
事情を理解して考慮に入れる。 「この点を-・んで方針を立ててほしい」
ある感情を表情などに表す。 「愁いを-・んだまなざし」
ふくらむ。 「指貫の裾つ方、少し-・みて/源氏 若菜上」 〔「含める」に対する自動詞〕
[可能] ふくめる
( 動下二 )
[句項目]

ふふむ【含む】

( 動四 )
つぼみのままである。 「 - ・めりし花の初めに来し我や/万葉集 4435
口の中に入れる。ふくむ。 「搏りて吾が口に-・めよ/霊異記 下訓注
中にはらんで持つ。 「溟涬めいけいにして牙きざしを-・めり/日本書紀 神代上訓

ほほむ【含む】

( 動四 )
つぼみがふくらんでまだ開かずにいる。ふふむ。 〔新撰字鏡〕
( 動下二 )
ふくむようにする。ふくませる。 「時鳥なかぬなげきの杜もりにきていとども声を-・めつるかな/散木奇歌集」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

含むの関連キーワード汲み込む頼み込む齝む挟み込む食む凭れ込む住込む積込む

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

含むの関連情報