コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

含む フクム

デジタル大辞泉の解説

ふく・む【含む】

[動マ五(四)]
かんだり、飲みこんだりせず、物を口の中に入れたままの状態を保つ。また、口でくわえる。「水を口に―・む」「マウスピースを―・む」
成分・内容としてうちに包みもつ。また、ある範囲の中に要素として入っている。包含する。「この温泉は硫黄分を―・んでいる」「予備費の―・まれた予算案」
思いや感情などを心の中におさめてもつ。「非難を―・んだ言い方」
事情をよく理解して心にとめておく。「その点を―・んでおいてください」
ある感情を表情や態度に表す。ようすを帯びる。「悲しみを―・んだ目つき」
中に包み持つような形になる。ふくらむ。
「指貫(さしぬき)の裾つかた、少し―・みて」〈・若菜上〉
[可能]ふくめる
[動マ下二]ふくめる」の文語形

ふふ・む【含む】

[動マ四]
花や葉が芽やつぼみのままである。
「卯の花の咲く月立ちぬほととぎす来鳴きとよめよ―・みたりとも」〈・四〇六六〉

㋐口の中に入れて持つ。ふくむ。
「(玉ヲ)口に―・みて」〈・上〉
㋑内に包み持つ。
「鶏(とり)の子のごとくして、ほのかにして牙(きざし)を―・めり」〈神代紀・上〉

ほほ・む【含む】

[動マ四]花がつぼみのままでいる。ふふむ。〈新撰字鏡
[動マ下二]ふくむようにする。ふくめる。
「ほととぎす鳴かぬ嘆きの杜(もり)に来ていとども声を―・めつるかな」〈散木集・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふくむ【含む】

( 動五[四] )
中に包みこんでもつ。 「水を口に-・む」 「花芬馥の気を-・み/平家 3
ある物がその成分・要素としてもつ。含有する。 「金を-・む鉱石」 「税・サービス料を-・んだ料金」 「とげを-・んだ言葉」
心の中にこめてもつ。 「憤リヲ-・ム/日葡」 「勅命を-・んで頻に征罰を企つ/平家 7
事情を理解して考慮に入れる。 「この点を-・んで方針を立ててほしい」
ある感情を表情などに表す。 「愁いを-・んだまなざし」
ふくらむ。 「指貫の裾つ方、少し-・みて/源氏 若菜上」 〔「含める」に対する自動詞〕
[可能] ふくめる
( 動下二 )
[句項目]

ふふむ【含む】

( 動四 )
つぼみのままである。 「 - ・めりし花の初めに来し我や/万葉集 4435
口の中に入れる。ふくむ。 「搏りて吾が口に-・めよ/霊異記 下訓注
中にはらんで持つ。 「溟涬めいけいにして牙きざしを-・めり/日本書紀 神代上訓

ほほむ【含む】

( 動四 )
つぼみがふくらんでまだ開かずにいる。ふふむ。 〔新撰字鏡〕
( 動下二 )
ふくむようにする。ふくませる。 「時鳥なかぬなげきの杜もりにきていとども声を-・めつるかな/散木奇歌集」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

含むの関連キーワードタンパク質分解酵素(蛋白質分解酵素)ノルドマールカイト化石による対比の法則十和田八幡平国立公園硬質ポリ塩化ビニルノゼアン白榴石響岩非ヘム鉄タンパク質動物性タンパク質フィンウゴル語派メリジオナル光線ホワイトノイズ複素環式化合物有機窒素化合物ユーライト片岩ネオニコ系農薬高タンパク質食スフィンゴ脂質マウスピース不飽和脂肪酸マール状粘土

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

含むの関連情報