化成(読み)かせい

精選版 日本国語大辞典「化成」の解説

か‐せい クヮ‥【化成】

〘名〙
① よい方にあらためること。転じて、新しいものをつくり出すこと。
※土井本周易抄(1477)四「天地とは天地陰陽の道が咸してこそ、万物は化成するぞ」
② 化合して異種の物質になること。
※改正増補物理階梯(1876)〈片山淳吉〉一「又此小動物等の相集り以て化成せしトリポリと称する一種の石あり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「化成」の解説

か‐せい〔クワ‐〕【化成】

[名](スル)
形を変えて他のものになること。
化合して別の物質になること。
育てて、成長を遂げさせること。
徳に感化されてよいほうに改めること。
万物を―するは、宰相のしわざなり」〈中華若木詩抄・下〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android