コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十二湖 じゅうにこ

5件 の用語解説(十二湖の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十二湖
じゅうにこ

青森県南西部,白神山地の北西麓,日本海沿岸付近に連鎖状に散在する大小約三十数個の湖沼群。深浦町に属する。湖は周囲の岩山の崩壊により河川がせき止められてできたもので,十二湖の名は湖沼の中心にある崩山 (940m) 山頂から見おろすと 12の湖が見えることに由来。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

じゅうに‐こ〔ジフニ‐〕【十二湖】

青森県南西部にある湖沼群。白神山地西部に位置し、王池、鶏頭場(けとば)ノ池、大池など大小33の湖沼がブナの原生林中に点在。八景ノ池から見られる大断崖は日本キャニオンとよばれる。津軽国定公園に属する。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

十二湖【じゅうにこ】

青森県南西端,西津軽郡岩崎村(現・深浦町)にある小湖沼群。大小30個余,標高150〜250m。幾つかは川によりつながり,付近は原生林で,中央の大崩(おおくずれ)山からの展望が美しく,ここより見える湖が12であることが名前の由来。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じゅうにこ【十二湖】

青森県南西部,西津軽郡岩崎村にある湖沼群。標高150~250mの凝灰岩台地に30余の湖沼が分布するが,崩山(大崩山)の山頂からは12しか見えないことから名付けられたといわれる。成因は,凝灰岩の崩壊により河水がせき止められたものと考えられる。湖沼には八景ノ池,王池,越口ノ池,青池,大池などの名があり,広葉樹の天然林に囲まれ新緑のころ特に美しい。越口ノ池には県水産試験場ニジマス養殖場があり,大池は発電に利用されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

十二湖
じゅうにこ

青森県南西部、白神(しらかみ)山地北麓(ほくろく)の湖沼群。西津軽郡深浦(ふかうら)町岩崎の海岸線から約5キロメートル東方の標高150~250メートルの台地に、八景ノ池、越口(こしくち)ノ池、中ノ池、落口(おちくち)ノ池、鶏頭場(けとば)ノ池、青池、日暮(ひぐらし)ノ池など約30の湖沼が点在する。十二湖の呼称は、面積が1万平方メートル以上の湖沼が12あるとか、東部の崩(くずれ)山(940メートル)の上から見ると12の湖沼が見えることからつけられたというが、さだかではない。湖沼の成因は、周囲の軟弱な凝灰岩の崩壊により河水がせき止められたことである。ブナ、ミズナラなどの広葉樹に覆われ、湖沼群を巡るハイキングコースもある。十二湖西部の断崖(だんがい)日本キャニオンとともに津軽国定公園の一部。JR五能(ごのう)線十二湖駅からバスの便がある。[横山 弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

十二湖の関連情報