コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千丁 せんちょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

千丁
せんちょう

熊本県中南部,八代市北西部の旧町域。八代平野中部にある。 1976年町制。 2005年八代市,坂本村,町,東陽村,村の5市町村と合体して八代市となった。大半は近世初頭以来の干拓地で,熊本県のイグサ畳表発祥地。現在もその生産の中心となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

千丁
せんちょう

熊本県中部、八代(やつしろ)郡にあった旧町名(千丁町(まち))。現在は八代市の北西部を占める。1889年(明治22)村制の施行時その面積が1000町歩あったことから千丁村といった。1976年(昭和51)町制施行。2005年(平成17)八代市に合併。旧町域の東端近くをほぼ南北に走るJR鹿児島本線以東の大鞘(おざや)川の形成した三角州地域を除けば、すべて近世から近代にかけて造成された干拓地である。総面積(11.18平方キロメートル)の約75%が耕地で、そのほとんどが水稲、イグサ栽培に利用され、イグサ加工による畳表、花莚(むしろ)などの生産が産業の柱となっている。北東部にある岩崎神社は、戦国時代イグサを移植し、領民を飢饉(ききん)の難から守ったと伝えられる肥後(ひご)畳表の始祖と崇(あが)められている岩崎主馬忠久(しゅめただひさ)を祀(まつ)っており、4月、11月の大祭はイグサ栽培農民でにぎわう。[山口守人]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

千丁の関連キーワード長篠・設楽原の戦い熊本県八代市長篠の戦い八代(市)加藤清正神崎荘い草