千里浜(読み)ちりはま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

千里浜
ちりはま

石川県,能登半島の基部西岸にある羽咋 (はくい) 市の地区。旧村名。砂丘上にあり,能登道路とそれに並行して能登海浜自転車道が通じ,なぎさのドライブと海水浴の客でにぎわう。日本海の沿岸流により砂やちりが集り,塵浜と記したものを千里浜と改めた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔石川県〕千里浜(ちりはま)


石川県の能登(のと)半島南西部にある砂丘海岸。宝達志水(ほうだつしみず)町今浜(いまはま)海岸から羽咋(はくい)市の羽咋川河口までの約8kmをいう。粒子の細かい砂が水分を含んで固い砂浜となり、天然の「なぎさドライブウェイ」が波打ち際を通じる。夏は海水浴場としてにぎわう。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

千里浜
ちりはま

石川県能登(のと)半島の基部、日本海に面した砂浜海岸。北は羽咋(はくい)市の羽咋川河口から、南は羽咋郡宝達志水(ほうだつしみず)町押水(おしみず)地区今浜海岸までの約8キロメートル、幅員約50メートルの海岸で、海水浴場として知られる。千里浜という地名は羽咋市内の旧千里浜村に由来、かつては潮流の関係で塵埃(じんあい)が打ち上げられるので散浜、塵浜とも書いた。砂浜の砂は粒子が細かく、海水を含むと固くなり、波打ち際でも自動車の走行が可能なことから「千里浜なぎさドライブウェイ」として利用され、観光バスも走る。背後の砂丘地にはクロマツやヤブツバキが茂る。[矢ヶ崎孝雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の千里浜の言及

【南部[町]】より

…南部川下流域一帯には平安末期から中世にかけて南部荘があった。海岸沿いを熊野街道(現,国道42号線)が通じ,東岩代川河口から目津崎までの千里浜は《枕草子》などにも記され,古くから景勝地として知られた。アジ,イワシなどの沿岸漁業も行われるが,北に接する南部川村にかけて南部川段丘の南部梅林での梅の産が多く,梅酒用青梅や梅干しが全国に出荷される。…

※「千里浜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

千里浜の関連情報