コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

押水 おしみず

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

押水
おしみず

石川県能登半島の基部西岸にある宝達志水町南部の旧町域。 1954年柏崎村,末森村,北荘 (きたのしょう) 村,中荘 (なかのしょう) 村,北大海 (きたおおみ) 村の5村が合体,町制施行。町名は中世以来の荘名による。 2005年志雄町と合体して宝達志水町となった。中心市街の宝達は,能登半島の入口にあたる要地で,農村地帯の中心地として早くから開発が進んだ。西流する宝達川,前田川,大海川の流域を占め,主産業は米作のほか,砂丘地帯ではブドウが栽培される。牧畜も盛んで宝達山の西麓に県営の畜産試験場があり,乳牛が飼育されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

押水
おしみず

石川県中北部、羽咋(はくい)郡にあった旧町名(押水町(まち))。現在は羽咋郡宝達志水(ほうだつしみず)町の南部を占める地域。1954年(昭和29)柏崎(かしわざき)、末森(すえもり)、北荘(きたのしょう)、中荘、北大海(きたおおみ)の5村が合併して町制施行。2005年(平成17)羽咋郡志雄(しお)町と合併し、宝達志水町となった。地名は中世以来の押水荘に由来する。能登(のと)半島の基部にあり、東は宝達山、西は日本海に面する。JR七尾線、国道159号、249号、471号、能登有料道路が通じる。前田利家(としいえ)が佐々成政(さっさなりまさ)を敗退させた末森城跡がある。米作を主にブドウ、イチジクを産し、繊維工業、電子工業なども発達する。県の畜産総合センターがある。宝達山はかつて金を産し、いまは葛(くず)粉が有名。山頂は眺望に優れ、無線中継所がある。また町には弘法(こうぼう)大師が岩を押して水を出したという押の泉の伝説がある。加賀藩十村(とむら)役(大庄屋(おおじょうや))喜多(きた)家住宅は国指定重要文化財。[矢ヶ崎孝雄]
『『押水町史』(1974・押水町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

押水の関連キーワード石川県羽咋郡宝達志水町宝達志水(町)宝達志水[町]御木本 伸介朝ごはん条例奥村永福の妻田辺 栄次郎押水[町]末森城沈惟岳千里浜

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android