コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

押水 おしみず

2件 の用語解説(押水の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

押水
おしみず

石川県能登半島の基部西岸にある宝達志水町南部の旧町域。 1954年柏崎村,末森村,北荘 (きたのしょう) 村,中荘 (なかのしょう) 村,北大海 (きたおおみ) 村の5村が合体,町制施行。町名は中世以来の荘名による。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

押水
おしみず

石川県中北部、羽咋(はくい)郡にあった旧町名(押水町(まち))。現在は羽咋郡宝達志水(ほうだつしみず)町の南部を占める地域。1954年(昭和29)柏崎(かしわざき)、末森(すえもり)、北荘(きたのしょう)、中荘、北大海(きたおおみ)の5村が合併して町制施行。2005年(平成17)羽咋郡志雄(しお)町と合併し、宝達志水町となった。地名は中世以来の押水荘に由来する。能登(のと)半島の基部にあり、東は宝達山、西は日本海に面する。JR七尾線、国道159号、249号、471号、能登有料道路が通じる。前田利家(としいえ)が佐々成政(さっさなりまさ)を敗退させた末森城跡がある。米作を主にブドウ、イチジクを産し、繊維工業、電子工業なども発達する。県の畜産総合センターがある。宝達山はかつて金を産し、いまは葛(くず)粉が有名。山頂は眺望に優れ、無線中継所がある。また町には弘法(こうぼう)大師が岩を押して水を出したという押の泉の伝説がある。加賀藩十村(とむら)役(大庄屋(おおじょうや))喜多(きた)家住宅は国指定重要文化財。[矢ヶ崎孝雄]
『『押水町史』(1974・押水町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

押水の関連キーワード石川県羽咋郡宝達志水町今浜石川県羽咋郡宝達志水町北川尻石川県羽咋郡宝達志水町散田石川県羽咋郡宝達志水町子浦石川県羽咋郡宝達志水町宿石川県羽咋郡石川県羽咋郡宝達志水町原石川県羽咋郡宝達志水町宝達石川県羽咋郡宝達志水町麦生石川県羽咋郡宝達志水町柳瀬

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

押水の関連情報