コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南日 なんにち Nam Il

4件 の用語解説(南日の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南日
なんにち
Nam Il

[生]1914. 咸鏡北道
[没]1976.3.7.
北朝鮮の軍人,政治家。ソ連タシケント師範大学卒業。第2次世界大戦中,ソ連陸軍大尉として独ソ戦に参加。 1945年帰国し,朝鮮戦争中は人民軍総参謀長であった。 53年人民軍大将,外相。朝鮮休戦会談では北朝鮮=中国側首席代表,54年4月のジュネーブ会議の首席代表として活躍。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

南日【なんにち】

朝鮮民主主義人民共和国の軍人,政治家。中国東北で育ち,1942年ソ連に留学,1945年帰国。朝鮮戦争中の1950年人民軍副参謀となる。1951年休戦会談の首席代表として活躍。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

なんにち【南日 Nam Il】

1914‐76
朝鮮民主主義人民共和国の政治家。咸鏡北道出身。1939年ソ連タシケント師範大卒。解放後帰国して教育行政等に従事したが,朝鮮戦争中の50年11月人民軍総参謀長となり,停戦委員会首席代表として53年7月停戦協定に署名。53年3月には朴憲永に代わって外務相となり(‐1959),54年のジュネーブ会議では首席代表を務めた。同年〈在日朝鮮人は共和国公民〉と明言したいわゆる〈南日声明〉は,在日朝鮮人運動の路線転換の大きな契機となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

南日
なんにち / ナムイル
(1914―1976)

北朝鮮の旧ソ連派軍人、政治家。咸鏡(かんきょう)北道出身。早くからソ連に入り、1939年タシケント大学卒業。1942年ソ連軍大尉となる。解放後、帰国して教育、訓練に従事。1950年人民軍総参謀長として朝鮮戦争に従軍。1951~1953年朝鮮休戦会談の首席代表として活躍して大将、外相に就任し、1954年ジュネーブ会議で朝鮮首席代表として国際的に著名となる。1957年副首相兼外相。1960年国家建設委員長、1966年鉄道相、1972年副総理となったが、1976年3月事故により不慮の死を遂げた。金正日(きんしょうにち/キムジョンイル)派による暗殺だったという説もある。[玉城 素]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

南日の関連キーワード咸鏡北道金一朝鮮民主主義人民共和国摩天嶺山脈松岳脱北北韓南朝鮮舞水端里朝鮮民主主義人民共和国科学院

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

南日の関連情報