コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南朝陵墓 なんちょうりょうぼNán cháo líng mù

世界大百科事典 第2版の解説

なんちょうりょうぼ【南朝陵墓 Nán cháo líng mù】

中国,東晋から陳まで(317‐589),南朝の都は建康城(現,南京市)にあった。建康城をとりまく丘陵地帯には,南朝歴代の帝王陵や貴族墓が多数残っている。南京市東北郊の富貴山・幕府山・棲霞山,江寧県,句容(こうよう)県,さらに遠く離れた円陽県で,31基の南朝陵墓が確認されている。 円陽県は南京の東約80kmに位置し,南斉・梁の〈王家の谷〉ともいうべき葬地である。南朝の陵墓はすでに破壊されており,副葬品の構成などについては不明である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

南朝陵墓の関連キーワードマウリヤ朝D線後主D線炎色反応ナトリウムランプ土断法クリスプスコンスタンティヌス[2世]チャンドラグプタ

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android