コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南朝陵墓 なんちょうりょうぼ Nán cháo líng mù

1件 の用語解説(南朝陵墓の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

なんちょうりょうぼ【南朝陵墓 Nán cháo líng mù】

中国,東晋から陳まで(317‐589),南朝の都は建康城(現,南京市)にあった。建康城をとりまく丘陵地帯には,南朝歴代の帝王陵や貴族墓が多数残っている。南京市東北郊の富貴山・幕府山・棲霞山,江寧県,句容(こうよう)県,さらに遠く離れた円陽県で,31基の南朝陵墓が確認されている。 円陽県は南京の東約80kmに位置し,南斉・梁の〈王家の谷〉ともいうべき葬地である。南朝の陵墓はすでに破壊されており,副葬品の構成などについては不明である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

南朝陵墓の関連キーワード王導司馬睿東晋南朝北陸新幹線北海道新幹線袁彦道建康六朝行台

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone