コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南関[町] なんかん

2件 の用語解説(南関[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

南関[町]【なんかん】

熊本県北西部,筑肥(ちくひ)山地西部にある玉名郡の町。主集落は筑後から肥後に入る街道の旧宿場町。九州自動車道が通じる。山間の盆地でミカンスイカ,野菜などを栽培。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

なんかん【南関[町]】

熊本県北西端,玉名郡の町。人口1万2076(1995)。町域は筑肥山地に属する丘陵性山地によって占められ,南東部を菊池川支流の内田川が南東流し,北西部を関川が南流する。南西は荒尾・玉名両市,北西は福岡県大牟田市に接する。中心市街の関町は古くは大水(おおむつ)郷の地で,中世には松風の関または大津山の関とよばれる関所があった。江戸時代には肥後と筑後を結ぶ街道の宿場町として栄えた。明治以後は鉄道が町を離れて開通したために衰微した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

南関[町]の関連キーワード阿蘇菊池川中津山鹿九州看護福祉大学荒尾熊本境港玉名きくすい

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone