コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

厳島の戦い いつくしまのたたかい

4件 の用語解説(厳島の戦いの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

厳島の戦い
いつくしまのたたかい

毛利元就が,天文 24 (1555) 年 10月1日,主君大内義隆を殺した陶晴賢を,安芸国佐伯郡厳島に襲撃して,自刃させた戦い。中国地方7ヵ国を領した守護大名大内義隆は,同 20 (51) 年9月1日,家臣陶晴賢に襲われて自殺した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いつくしま‐の‐たたかい〔‐たたかひ〕【厳島の戦い】

弘治元年(1555)、毛利元就(もうりもとなり)が、主人の大内義隆を殺害した陶晴賢(すえはるかた)厳島で討った戦い。以後毛利氏は中国地方で勢力を拡大した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いつくしまのたたかい【厳島の戦い】

1555年、主君大内義隆を殺して領国を奪った陶晴賢すえはるかたを毛利元就もとなりが厳島に敗死させた戦い。毛利氏発展の基となる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

厳島の戦い
いつくしまのたたかい

1555年(天文24)10月1日、安芸(あき)国(広島県)厳島で毛利元就(もうりもとなり)軍が陶晴賢(すえはるかた)軍に大勝した戦い。晴賢は1551年(天文20)西中国から北九州に至る地方を支配する大内義隆(おおうちよしたか)に反逆を企て、権力を奪取した。安芸国吉田(よしだ)(広島県安芸高田(たかた)市吉田町)を本拠とし、大内氏と目下の同盟関係にあった元就は、当初は晴賢に恭順するとともに、この機会に安芸、備後(びんご)に勢力を伸ばした。そこで両者の対立が先鋭化し、54年晴賢の石見(いわみ)国津和野(つわの)の吉見正頼(よしみまさより)追討への参陣要求を元就が拒否したのを契機に、公然たる武力衝突が開始された。そして決戦場として選ばれたのが、瀬戸内水運の要衝である厳島だったのである。陶軍2万余対毛利軍3000余と、数的には大差だったが、荒天に乗じた毛利軍の奇襲が成功し、陶軍は壊滅、晴賢も自刃(じじん)して果てた。この結果、まもなく元就は周防(すおう)、長門(ながと)をも手中に収め、中国地方制覇の土台を固めることができたのである。[池 享]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

厳島の戦いの関連キーワード毛利元康毛利毛利元就博厚狭毛利氏毛利元倶毛利元政厳島の戦熊谷高直毛利元周毛利元承

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

厳島の戦いの関連情報