コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

厳島の戦い いつくしまのたたかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

厳島の戦い
いつくしまのたたかい

毛利元就が,天文 24 (1555) 年 10月1日,主君大内義隆を殺した陶晴賢を,安芸国佐伯郡厳島に襲撃して,自刃させた戦い。中国地方7ヵ国を領した守護大名大内義隆は,同 20 (51) 年9月1日,家臣陶晴賢に襲われて自殺した。同 24年9月,家臣毛利元就は,その仇討を名目に晴賢に対し,厳島有浦に築城し,その家臣己斐氏らに守らせた。これに対し晴賢は,兵2万余を率いて居城岩国を出発し,厳島塔ヶ岡に布陣した。元就は,山口を発して,9月末日夜半,兵数千を率いて厳島に上陸し,10月1日未明,晴賢を奇襲して,これを破り,晴賢は逃れられず自殺した。毛利氏は,この勝利によって,中国地方における不動の地位を確立した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

いつくしまのたたかい【厳島の戦い】

1555年、主君大内義隆を殺して領国を奪った陶晴賢すえはるかたを毛利元就もとなりが厳島に敗死させた戦い。毛利氏発展の基となる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

厳島の戦い
いつくしまのたたかい

1555年(天文24)10月1日、安芸(あき)国(広島県)厳島で毛利元就(もうりもとなり)軍が陶晴賢(すえはるかた)軍に大勝した戦い。晴賢は1551年(天文20)西中国から北九州に至る地方を支配する大内義隆(おおうちよしたか)に反逆を企て、権力を奪取した。安芸国吉田(よしだ)(広島県安芸高田(たかた)市吉田町)を本拠とし、大内氏と目下の同盟関係にあった元就は、当初は晴賢に恭順するとともに、この機会に安芸、備後(びんご)に勢力を伸ばした。そこで両者の対立が先鋭化し、54年晴賢の石見(いわみ)国津和野(つわの)の吉見正頼(よしみまさより)追討への参陣要求を元就が拒否したのを契機に、公然たる武力衝突が開始された。そして決戦場として選ばれたのが、瀬戸内水運の要衝である厳島だったのである。陶軍2万余対毛利軍3000余と、数的には大差だったが、荒天に乗じた毛利軍の奇襲が成功し、陶軍は壊滅、晴賢も自刃(じじん)して果てた。この結果、まもなく元就は周防(すおう)、長門(ながと)をも手中に収め、中国地方制覇の土台を固めることができたのである。[池 享]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

厳島の戦いの関連キーワード近世説美少年録浮島(山口県)乃美宗勝吉川元春領国

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

厳島の戦いの関連情報