コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

友部[町] ともべ

百科事典マイペディアの解説

友部[町]【ともべ】

茨城県中央部,西茨城郡の旧町。中心は江戸時代の松平氏の陣屋が置かれた宍戸(ししど)町地区であったが,常磐線が通じ水戸線が分岐する友部駅周辺に移った。涸沼(ひぬま)川流域に水田が開け,クリ,キクも産する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ともべ【友部[町]】

茨城県中央部,西茨城郡の町。人口3万3951(1995)。北部,西部は八溝山地に連なる丘陵地で,東部,南部には台地が広がる。JR常磐線,水戸線が通じ,友部駅が分岐点となる。中世は宍戸荘に属し,江戸時代には水戸徳川家の支藩松平氏1万石の陣屋がおかれた宍戸(平町)が中心であったが,鉄道交通の発達により,友部駅周辺に中心が移った。交通の要地に位置するため住宅地化が進み,商業,サービス業が盛ん。友部駅付近に葉タバコ乾燥工場がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android