コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笠間市 かさま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

笠間〔市〕
かさま

茨城県中部,八溝山地南端にある市。 1958年市制。 2006年友部町,岩間町と合体。中心市街地は古くから笠間稲荷神社 (本殿は国指定重要文化財) の門前町,水戸街道の宿場町,城下町として発展。笠間稲荷神社は周辺一帯に信者が多く,観光事業が市の重要産業。クリを特産するほか養豚も行なわれる。名産に笠間焼がある。稲田は建築土木用石材 (花崗岩) の採石,加工地として知られ,親鸞ゆかりの西念寺がある。笠間城跡,稲田神社があり,片庭の楞厳寺 (りゅうごんじ) のヒメハルゼミ発生地は国の天然記念物に,山門は国の重要文化財に指定されている。愛宕神社には悪態祭 (→悪口祭 ) といわれる奇祭が伝わる。市域の北西部は笠間県立自然公園に,西部は吾国愛宕県立自然公園に属する。 JR常磐線,水戸線,国道 50号線,355号線が通り,常磐自動車道の岩間インターチェンジ,北関東自動車道の友部インターチェンジがある。面積 240.4km2。人口 7万6739(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かさま‐し【笠間市】

笠間

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

笠間市の関連キーワード茨城県笠間市仁古田長兎路入会地茨城県笠間市長兎路仁古田入会地茨城県笠間市泉市野谷入会地茨城県笠間市箱田大郷戸片庭茨城県笠間市住吉湯崎入会地茨城県笠間市箱田大郷戸茨城県笠間市上加賀田茨城県笠間市下加賀田茨城県笠間市日草場茨城県笠間市南小泉茨城県笠間市矢野下茨城県笠間市池野辺茨城県笠間市市野谷茨城県笠間市下市原茨城県笠間市北吉原茨城県笠間市仁古田茨城県笠間市南吉原茨城県笠間市南友部茨城県笠間市随分附茨城県笠間市大古山

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

笠間市の関連情報