コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

口号 コウゴウ

3件 の用語解説(口号の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こう‐ごう〔‐ガウ〕【口号】

[名](スル)詩歌などを口ずさむこと。また、即興の詩。
「雨を冒して舵楼に上り、小詩を―す」〈東海散士佳人之奇遇

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こうごう【口号 kŏu hào】

中国文学の術語。(1)口から出るままに吟誦して作られた詩。たとえば,杜甫〈紫宸殿退朝口号〉がそれ。梁の簡文帝,庾肩吾(ゆけんご),王筠(おういん)が同時に作った古詩が,現存最古とされるが,後世では,たいてい絶句か律詩の短い詩である。(2)宋代,宮廷における祝日の宴会のとき,教坊(楽師)が音楽を奏する前に,天子の聖徳を頌してとなえる詩。蘇軾(そしよく)《東坡楽語》中の口号はそれで,詩形は七言律詩を用いる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こうごう【口号】

( 名 ) スル
詩歌などを吟ずること。 「小詩を-す/佳人之奇遇 散士
漢詩で、心に浮かぶままに口ずさんだ詩。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

口号の関連キーワード国文学中国文学嵩から出る国文逆虫中文出任せ口から出任せを言う先秦文学涙流れるままに

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

口号の関連情報