コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田鉄郎 よしだ てつろう

3件 の用語解説(吉田鉄郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田鉄郎 よしだ-てつろう

1894-1956 昭和時代の建築家。
明治27年5月18日生まれ。逓信省で建築設計にたずさわり,代表作に東京・大阪中央郵便局などがある。昭和21年日大教授。著作にドイツ語日本建築を海外に紹介した「日本の建築」など。昭和31年9月8日死去。62歳。富山県出身。東京帝大卒。旧姓は五島。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

よしだてつろう【吉田鉄郎】

1894‐1956(明治27‐昭和31)
建築家。富山県福野町の生れ。戦後日本建築の方向を早く戦前より準備した一人。1919年東京帝国大学建築学科を卒業,以後逓信省で設計に従事。東京中央郵便局(1931),大阪中央郵便局(1939)などで,装飾を抑制し,厳しい比例感覚で建築の構造を率直に表現した。33年のタウトBruno Taut来日時には案内者として彼の日本建築理解を助け,またドイツ語の著作により日本建築を海外へ紹介した。【丸山 茂】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吉田鉄郎
よしだてつろう
(1894―1956)

建築家。富山県福野町(現、南砺(なんと)市)に生まれる。1919年(大正8)東京帝国大学建築学科卒業後、逓信(ていしん)省に入り、多くの郵便局、電話局など逓信省関係の設計を担当。東京中央郵便局(1932)、大阪中央郵便局(1939)が著名。44年(昭和19)退官後、46年日本大学教授となる。設計活動のほか、31~32年の外遊後、日本建築を海外に紹介するためドイツ語や英語の著書を多数著す。その一つ『Japanische Architectur』(1952)で、日本建築学会賞を受賞。機能主義的立場から日本建築の近代化に対して大きな貢献をしたが、晩年は病弱のため療養生活が続いた。[天田起雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吉田鉄郎の関連キーワード真崎甚三郎青木誠四郎樫野南陽小泉苳三高橋円三郎田中ゆき谷友次丸山鶴吉三輪寿壮森山鋭一

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

吉田鉄郎の関連情報