コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名田荘 なたのしょう

2件 の用語解説(名田荘の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

名田荘【なたのしょう】

若狭国遠敷(おにゅう)郡の荘園。現在の福井県名田庄(なたしょう)村(現・おおい町)の南川流域一帯と下流の小浜(おばま)市の中名田・口名田の地域を占めた。平安末期に盛信の私領であった名田郷を前身とする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

なたのしょう【名田荘】

若狭国遠敷(おにゆう)郡の荘園。現福井県遠敷郡名田庄村と小浜市中名田,口名田の地域にあった。平安末期に盛信入道の所領であった名田郷が前身。1168年(仁安3)相博(交換)により伊予内侍(藤原基房妻)が取得,ほどなく蓮華王院を本家と仰ぎ荘号を名のることとなったらしい。上・下両荘に分かれ,上荘は上村・坂本・中村・下村,下荘は知見・三重・田村の各村から成っていた。伊予内侍ののち,領家職は娘の大姫御前,その子藤原実忠,実忠外孫実盛へと伝えられ,以後ほとんど村ごとにきわめて複雑な伝領の経過を示したが,やがて14世紀半ばから後期に至り,それらの大部分は大徳寺の徳禅寺徹翁義亨に伝えられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

名田荘の関連キーワード小浜若狭国福井美浜若狭小鬼百合鯖街道若狭彦神社承天若狭忠清

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone