コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

咽喉頭異常感症 いんこうとういじょうかんしょうForeignbody Sensation In the Pharynx and Larynx

家庭医学館の解説

いんこうとういじょうかんしょう【咽喉頭異常感症 Foreignbody Sensation In the Pharynx and Larynx】

[どんな病気か]
 咽頭(いんとう)や喉頭(こうとう)に明らかな病気がないにもかかわらず、「のどがしめつけられるようだ」「のどがつまった感じがする」「のどになにかあるような感じがする」といった、のどの違和感を訴える状態を、咽喉頭異常感症(咽喉頭神経症(いんこうとうしんけいしょう))といいます。これらの症状は、食事をしているときにはあまり感じませんが、つばを飲み込むときに強く感じます。また、なにかに熱中しているときは忘れているといった特徴があります。
[原因]
 多くの場合、心理的な要因がかかわっています。たとえば家族や友人にのどのがんの人がいたり、雑誌で咽頭・喉頭の病気の記事を読んだりして気になりはじめると、のどに違和感を感じます。とくに神経質な人や心配性の人に多くみられます。
 また最近は、ストレスや抑うつ傾向のある人、女性では更年期(こうねんき)におこりやすいといった傾向がみられます。
[検査と診断]
 原因となる病気の有無を確かめるために、咽頭・喉頭の視診、頸部(けいぶ)の触診、内視鏡検査、食道造影、血液検査などが必要に応じて行なわれます。これらの検査で明らかな病気が見つからなければ、咽喉頭異常感症と診断されます。
[治療]
 原因となる病気があれば、その治療を行ないます。
 この病気の人は、医師からのどになにもないことを説明されても納得しないことが多く、いくつもの医療機関を受診することが多いようです。検査で異常がないことがはっきりしたら、あまり気にしないほうがよいでしょう。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

咽喉頭異常感症
いんこうとういじょうかんしょう

咽頭または喉頭の異物感が持続するが、炎症や腫瘍(しゅよう)などの病変が認められないもの。咽喉頭神経症ともよばれ、かつては、感情を抑えられず興奮する傾向の人にみられる心理的要因によるものと考えられ、ヒステリー球(症候群)ともよばれていた。患者はのどが圧迫される、つまる、つかえる、何かがひっかかるなどの症状を訴える。原因には、舌根部の舌扁桃(ぜつへんとう)肥大、頸椎(けいつい)の変形、まれに茎状突起過長症(けいじょうとっきかちょうしょう)などがある。ほかに更年期障害、胃腸障害(逆流性食道炎)、重症な貧血、嚥下(えんげ)障害などがあげられ、癌(がん)に対する不安など心因性の要因も否定できない。症状が持続する場合は、下咽頭や食道の癌も疑われるため鑑別診断を行う。原因疾患に対する治療のほか、心因性のものに対しては心理療法や精神安定薬の投与などが検討される。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

咽喉頭異常感症の関連キーワードのど(咽頭、喉頭)のしくみとはたらきクラミジアによる咽頭炎、扁桃炎のどの異物感急性喉頭炎

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android