コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

哲西 てっせい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

哲西
てっせい

岡山県北西部,新見市南西部の旧町域。中国山地吉備高原にまたがり,西で広島県に接する。 1955年矢神村と野馳村が合体して町制。 2005年新見市,大佐町,神郷町,哲多町と合体して新見市となった。中央部を神代川が北東流する。江戸時代は近辺諸国からの物資集散,吹屋銅山への物資の輸送で繁栄。高原では哲西牛の飼育が盛ん。林業も行なわれ,中国グリは特産。荒戸山南西麓に国の天然記念物の鯉ヶ窪湿性植物群落がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

哲西
てっせい

岡山県北西部、阿哲(あてつ)郡にあった旧町名(哲西町(ちょう))。現在は新見(にいみ)市の南西部を占める地域。広島県に接する。旧哲西町は、1955年(昭和30)矢神(やかみ)、野馳(のち)の2村が合併して成立。2005年(平成17)大佐(おおさ)、神郷(しんごう)、哲多(てった)の3町とともに新見市に合併した。地域の中心集落は矢田。北部は中国山地、南部は吉備(きび)高原で、その間を高梁(たかはし)川上流の神代(こうじろ)川が北東流し、その谷をJR芸備線、国道182号、中国自動車道が走る。谷底の水田と和牛飼養を中心とする農村であるが、過疎化が進んでいる。広島県境の二本松峠に若山牧水の「幾山河こえさりゆかば……」の歌碑がある。標高550メートルの鯉ヶ窪(こいがくぼ)の湿原の植物群落は国指定天然記念物。[由比浜省吾]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

哲西の関連キーワード鯉が窪湿原資料館岡山県新見市哲西[町]新見(市)川上 貫一杉 栄三郎三光正宗三光

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android