コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

哲多 てった

2件 の用語解説(哲多の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

哲多
てった

岡山県北西部,新見市南西部の旧町域。吉備高原にある。 1955年新砥村,萬歳村,本郷村の3村が合体して町制。 2005年新見市,大佐町,哲西町,神郷町と合体して新見市となった。中心地区の本郷は高梁川の支流本郷川流域に位置し,江戸時代は吹屋銅山の採掘用鉄具製造の鍛冶屋町,物資の集散地として発展。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

哲多
てった

岡山県北西部、阿哲(あてつ)郡にあった旧町名(哲多町(ちょう))。現在は新見(にいみ)市の南部を占める地域。旧哲多町は、1955年(昭和30)本郷、萬歳(まんざい)、新砥(あらと)の3村が合併して成立。2005年(平成17)大佐(おおさ)、神郷(しんごう)、哲西(てっせい)の3町とともに新見市に合併した。地名は1900年(明治33)まであった哲多郡による。地域は吉備(きび)高原にあり、荒戸(あらと)山(762メートル)は高原上の残丘の一つ。ドーム状で鍋(なべ)山ともいい、この地域のシンボルとなっている。山の南東にある、おもつぼ湿原には湿生植物が多くみられ、「すずらん園」がある。稲作中心の農村で和牛飼養、輸送園芸が行われるが、過疎化が著しい。[由比浜省吾]
『『哲多町史』(2001・哲多町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

哲多の関連キーワード新見[市]岡山県新見市井倉岡山県新見市上市岡山県新見市草間岡山県新見市菅生岡山県新見市高尾岡山県新見市足見岡山県新見市千屋岡山県新見市新見岡山県新見市西方

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

哲多の関連情報