コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

哲多 てった

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

哲多
てった

岡山県北西部,新見市南西部の旧町域。吉備高原にある。 1955年新砥村,萬歳村,本郷村の3村が合体して町制。 2005年新見市,大佐町,哲西町,神郷町と合体して新見市となった。中心地区の本郷は高梁川の支流本郷川流域に位置し,江戸時代は吹屋銅山の採掘用鉄具製造の鍛冶屋町,物資の集散地として発展。農林業が主産業で,米,木材,マツタケを産し,和牛の飼育も行なわれる。クロム,石灰岩ケイ石などを産する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

哲多
てった

岡山県北西部、阿哲(あてつ)郡にあった旧町名(哲多町(ちょう))。現在は新見(にいみ)市の南部を占める地域。旧哲多町は、1955年(昭和30)本郷、萬歳(まんざい)、新砥(あらと)の3村が合併して成立。2005年(平成17)大佐(おおさ)、神郷(しんごう)、哲西(てっせい)の3町とともに新見市に合併した。地名は1900年(明治33)まであった哲多郡による。地域は吉備(きび)高原にあり、荒戸(あらと)山(762メートル)は高原上の残丘の一つ。ドーム状で鍋(なべ)山ともいい、この地域のシンボルとなっている。山の南東にある、おもつぼ湿原には湿生植物が多くみられ、「すずらん園」がある。稲作中心の農村で和牛飼養、輸送園芸が行われるが、過疎化が著しい。[由比浜省吾]
『『哲多町史』(2001・哲多町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

哲多の関連キーワード岡山県新見市難波千代平西嶋 定生山室 軍平新見(市)山室軍平竹翁宗松備中国新見荘松山藩玄賓

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

哲多の関連情報