コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神郷 しんごう

2件 の用語解説(神郷の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神郷
しんごう

岡山県北西部,新見市北西部の旧町域。中国山地にあり,鳥取県,広島県に接する。 1955年神代村と新郷村の両村が合体し町制。地名は旧村名の合成。 2005年新見市,大佐町,哲多町,哲西町と合体して新見市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神郷
しんごう

岡山県北西端、阿哲(あてつ)郡にあった旧町名(神郷町(ちょう))。現在は新見(にいみ)市の西部を占める地域。中国山地上にあり、広島、鳥取両県に接する。旧神郷町は、1955年(昭和30)に新郷(にいざと)、神代(こうじろ)の2村が合併して町制施行。2005年(平成17)大佐(おおさ)、哲多(てった)、哲西(てっせい)の3町とともに新見市と合併した。地域の90%以上が山林で、林業が盛ん。神代川の谷底の平地にJR芸備線が走り、備中(びっちゅう)神代駅で伯備(はくび)線と会合する。また国道182号、中国自動車道がほぼ東西に通じている。古くはたたら製鉄が行われ、また和牛の産地としても知られたが、ほかの有力産業がなく過疎化が進んでいる。神郷温泉、シャクナゲの名所三室峡などがある。[由比浜省吾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

神郷の関連キーワード新見[市]岡山県新見市井倉岡山県新見市石蟹岡山県新見市上市岡山県新見市草間岡山県新見市菅生岡山県新見市高尾岡山県新見市千屋岡山県新見市新見岡山県新見市西方

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

神郷の関連情報