田原本町(読み)たわらもと

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

田原本〔町〕
たわらもと

奈良県北西部,奈良盆地中部にある町。 1889年町制。 1956年平野,多,都,川東の4村と合体。中心集落の田原本は平野氏の城下町寺内町として発展。古代の条里制が残り,西の保津に中世の環濠集落がみられる。北部にある弥生時代唐古遺跡は有名。鏡作神社をはじめ,古社寺も多い。米作のほか野菜,花卉などの園芸農業が行われ,縫製工場が立地。近年は周辺都市部への通勤者も多く,宅地化が進んでいる。近畿日本鉄道橿原線,田原本線,国道 24号線が通る。面積 21.09km2。人口 3万1691(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

田原本町の関連情報