コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ショウ

デジタル大辞泉の解説

しょう〔シヤウ〕【商】


あきない。また、あきんど。「士農工
ある数や式を零以外の他の数や式で割って得られた結果の数や式。⇔
中国・日本音楽の階名の一。五声の第2音。
古代中国の王朝、殷(いん)のこと。

しょう【商】[漢字項目]

[音]ショウ(シャウ)(呉)(漢) [訓]あきなう はかる
学習漢字]3年
あきなう。あきない。「商業商魂商店商人商売商品行商通商
あきんど。商人。「画商巨商豪商紳商政商隊商貿易商
相談する。はかる。「商議商量会商協商
星座の名。さそり座。「参商(しんしょう)」
古代中国の王朝、殷の自称。「殷商」
[名のり]あき・あつ・ひさ
[難読]商人(あきんど)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

商【しょう】

古代中国の地名国名。現在の河南省内で,殷(いん)首都とされ,かつ殷朝自体は商を国号として用いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

しょう【商】

品物の売り買い。あきない。また、それを業とする人。
ある数を他の数で割って得た数値。
中国・日本の音楽理論でいう五音ごいんのうち、低い方から数えて二番目の音。 → 五音
星座の名。心宿。
中国の王朝の名。殷いん

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


しょう

」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


しょう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のの言及

【商法】より

…通常は商法典をさす。日本には1899年に制定され,同年6月16日から施行された商法(第1編総則,第2編会社,第3編商行為,第4編海商)がある。…

※「商」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

商の関連キーワードEC(electronic commerce)エレクトロニックコマースマーカンティリズムオンライン商取引オプティシャンシャンチュウeコマース訪問販売法ジュエラー売り買い島田勇吉士農工商流通経路売込問屋重商学派商的流通古書店商慣習商習慣代理業

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

商の関連情報