善知識・善智識(読み)ぜんぢしき

精選版 日本国語大辞典「善知識・善智識」の解説

ぜん‐ぢしき【善知識・善智識】

〘名〙 (「ぜんちしき」とも)
① よき友。良友。自分のことをよく知ってくれている人。
※今昔(1120頃か)一「汝、我が為に生々世々の善知識也」
② 仏語。善法、正法を説いて人を仏道にはいらせる人。外から護る外護、行動を共にする同行、教え導く教導の三種を数える。真宗では法主(ほっす)を、禅宗では師僧を尊んでいうことがある。知識。⇔悪知識
※菅家文草(900頃)一二・践祚一修仁王会呪願文「因善知識安楽果
※日蓮遺文‐三三蔵祈雨事(1275)「善知識は爪上の土よりもすくなし」 〔法華経‐提婆達多品〕
③ 人を仏道に導く機縁や機会となるもの。
※平家(13C前)一〇「おもはしき物をみんとすれば、父の命をそむくに似たり。これ善知識也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android