コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金剛右京 こんごううきょう

5件 の用語解説(金剛右京の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金剛右京
こんごううきょう

[生]明治5(1872).10. 東京
[没]1936.3.27. 沼津
能楽シテ方。金剛流。初名鈴之助。金剛泰一郎の長男として生れ,祖父唯一氏成や父の指導を受ける。 1887年父の死によって金剛流 23世家元となり,以後伯父金剛一次郎氏重に師事する。またのちに金剛謹之助を頼って京都に住むが,1903年に帰京,16年より九曜会,28年より若葉会を金剛流の月並能として主宰。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こんごう‐うきょう〔コンガウウキヤウ〕【金剛右京】

[1872~1936]能楽師。シテ方金剛流23世宗家。東京の生まれ。幼名、鈴之助。大胆華麗な演技で早技にも長じていたが、大和猿楽坂戸座から続く家筋の坂戸金剛を廃絶させた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日日本歴史人物事典の解説

金剛右京

没年:昭和11.3.27(1936)
生年:明治5.10(1872)
明治から昭和時代の能楽師。シテ方金剛流23代宗家。幼名鈴之助。本名は氏慧。22代金剛泰一郎兵衛氏善の嫡男。明治17(1884)年に祖父唯一,20年に父が相次いで没したため若くして宗家を継承し,大叔父の一次郎氏重に師事。25年には東京から京都に移り,弟子家の金剛勤之輔の指導を受ける。36年東京へ引き揚げ,著しく衰微していた流儀を統括,大正4(1915)年に市谷富久町に金剛舞台を新築するも,不幸にして程なく焼失する。寡黙,頑固といわれる性格は,逆境続きの境遇の影響であろう。演技は大胆華麗,金剛流特有の珍しい型や早業的な型で名を馳せた。

(石井倫子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こんごううきょう【金剛右京】

1872~1936) 能楽師。シテ方金剛流二三世宗家。名は氏慧うじやす。幼名、鈴之助。東京生まれ。坂戸金剛家最後の人。芸風は変幻の妙を極め名手といわれた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金剛右京
こんごううきょう
(1872―1936)

能のシテ方、金剛流23世宗家。初名鈴之助。実名氏慧(うじやす)。右京は金剛宗家の通り名で、4人がすでに名のっている。金剛泰一郎の長男として東京に生まれ、16歳で宗家を継ぐ。辛苦の果てに鮮烈独自の芸風を完成。流儀の主張である早技(はやわざ)に秀でた。遺言により、彼の死をもって、鎌倉時代からの坂戸金剛の芸系は断絶となる。現金剛宗家は、京都の野村家が金剛姓となり、右京没後に他の四流宗家の推薦で新たに流儀をたてたもの。旧金剛座の由緒ある能面は、三井八郎右衛門(はちろうえもん)家の蔵(現三井文庫)となっている。[増田正造]
『金剛右京談、三宅襄聞書『能楽芸話』(1971・檜書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金剛右京の関連キーワード金剛巌豊嶋弥左衛門粟谷益二郎金剛巌(初代)金剛巌(2代)金剛右京(2)金剛又兵衛杉市太郎豊嶋一喜宝生九郎(2)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone