コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嗜癖 シヘキ

3件 の用語解説(嗜癖の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

し‐へき【×嗜癖】

あるものを特別に好む性癖。
タバコアルコール覚醒剤などを連用し、やめると精神的・身体的に異常が現れる状態。アディクション。→薬物依存

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しへき【嗜癖】

あることを特に好きこのんでするくせ。
〘医〙 アルコール・薬物などの刺激を絶えず求める病的傾向。摂取の中止により禁断症状を生じるようになった状態。アディクション。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

嗜癖
しへき
addiction

精神医学の用語。アディクションともいう。世界保健機関WHO)は、特定の物質(薬物)を好む傾向について病的な意味を込めて「薬物嗜癖」という用語を使って定義している。一般的に「嗜癖」の用語は「嗜癖薬(嗜癖性薬物)」「アルコール嗜癖」あるいは「物質嗜癖」のように用いられる。嗜癖薬は夢中になっておぼれる意味から耽溺(たんでき)薬の別称もある。嗜癖の特徴として考えられるものには、アルコールや薬物など物質摂取への依存性および習慣性、以前と同じ効果を得るための物質摂取量の漸増傾向(耐性)、その結果としての個人生活および社会生活面での障害などがある。「嗜癖」「依存」「習慣性」「乱用」などの用語の定義についてはこれまでさまざまに論議されてきたが、とくに嗜癖の概念定義はあいまいなままで確立しているとはいえない。また日本では、これらに対して「中毒」という概念がよく用いられてきた歴史がある。こうした流れのなかで概念定義の検討が重ねられ、物質摂取の「嗜癖」と「習慣性」を統合する概念として「依存」概念が導き出され、身体依存精神依存に分けて考えられるようになった。身体依存とは物質そのものに対する依存で、体内の物質が少なくなると振戦(ふるえ)、発汗、譫妄(せんもう)などの離脱症状とよばれる自律神経症状を伴う。これに対して精神依存は、物質の作用による多幸感などを求めて薬物を渇望する類のものである。
 2013年に改訂されたアメリカ精神医学会のDSM-5(精神障害の診断と統計の手引き第5版)では、「依存」と「乱用」をまとめて「使用障害」の表現が採用されている。またWHOの国際疾病分類第10版(ICD-10:International Statistical Classification of Deseases and Related Health Problems)では、「乱用」のかわりに「有害な使用」という表現が使われている。「嗜癖」の概念は、DSM-でギャンブル依存行動が「病的賭博」として初めて取り上げられ、物質への「依存」とは異なるという意味で、これまで「衝動制御の障害」として扱われてきた概念にかわって「嗜癖」がふたたび使われ始めた。この流れからDSM-5で「嗜癖」の概念復活が予測されたが、定義があいまいなどの理由で不採用となった。DSM-5では「病的賭博」は「ギャンブル障害」に変更され、この診断用語が属するカテゴリー「衝動制御の障害」は物質使用障害も含めた「物質関連障害および嗜癖性障害群」と変更され、「嗜癖」の用語はここでのみ使用されることになった。したがって物質関連の「アルコール使用障害」や「カフェイン使用障害」などもこのカテゴリーに含まれる。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

嗜癖の関連キーワード家鶏野鶩客好き綺麗好き事を好む嗜虐書癖好き好む特配特発ガム性

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

嗜癖の関連情報